こどもの城でミニSLに乗る

2002年10月19日 撮影
こどもの樹 - こどもの城
こどもの城(東京都渋谷区神宮前 5-53-1)は 1979 年(昭和 54 年)の国際児童年を記念して、厚生省(当時)によって構想、建設された大型の総合児童センターである。1985 年(昭和 60 年)にオープンし、3500 に及ぶ遊びのプログラムを開発・発信するなどして、全国の児童館の中核的役割を果たしてきた。運営には財団法人児童育成協会があたってきた。
併設する劇場やホテルも含め、2015 年(平成 27 年)の閉館まで 30 年間に計2800 万人超が利用した。
渋谷駅から宮益坂を登って青山通り沿いに歩いていくと、写真のオブジェクトが目に入る。一目見て分かる印象的なデザインは、岡本太郎の手になる「こどもの樹」である。これが、こどもの城の正面に当たる。

館内には、体育室、プレイホール、造形スタジオ、音楽スタジオ、ビデオライブラリー、パソコンルームなどの施設があり、さまざまな「遊び」のプログラムを提供している。幼稚園入園前から楽しめる。
こどもの城
この日の、こぱふぅの目当てはミニ SL である。

こどもの城ではさまざまなイベントが催されているので、公式サイトを見て遊びに行こう。

30年の歴史に幕

2015 年(平成 27 年)2 月 1 日、遊び場の一般公開を終えて閉館し、30 年の歴史に幕を閉じた。閉館の理由を厚生労働省は施設の老朽化などとしている。
最終日には 6 千人を超える親子連れらが訪れ、別れを惜しんだ。子どもたちは最終日のプログラムとして、節分の鬼のおもちゃを作ったり、生演奏に合わせて踊ったりした。

閉館セレモニーで、こどもの城を運営する公益財団法人児童育成協会の藤田興彦理事長は「子どもたちやみなさんがこどもの城に何回も来てくれました。愛してくれました」とあいさつ。「こどもの城児童合唱団」団員の佐藤柚月さんは「心の中にいつまでもこどもの城があるように願い、歌います」。合唱団の歌声が響く中、スタッフらが来館者を見送った。通年講座などは 3 月末まで続く。
岡本太郎の鯉のぼり 関連

交通アクセス

【鉄道】
  • JR ・東急・京王井の頭線・地下鉄「渋谷駅」下車、徒歩 10 分(東口/宮益坂側)
  • 地下鉄「表参道駅」B2 出口から徒歩 8 分/B4 出口から徒歩 9 分
【バス】
  • 都営バス渋谷駅(東口バスターミナル)から[渋 88]新橋駅前行「青山学院前」下車すぐ。
【自動車】
  • 駐車場あり
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:こどもの城

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header