琉宮城蝶々園で日本最大「オオゴマダラ」が舞う

2005年7月22日 撮影
琉宮城
2 日目は、海洋博公園にある「美ら海水族館」に向かう予定だったが、そのチケットは琉宮城蝶々園(沖縄県本部町山川 390-1)で受け取る段取りになっていた。
リゾネックス名護からはタクシーで 20 分ほど。道路沿いにある巨大な竜宮城(?)が、目標のそれである。
オオゴマダラ
園内にはチョウがたくさん舞っている。写真はオオゴマダラ
沖縄を北限とする“日本最大”のチョウというだけあり、ともかくデカイ。そのサナギは、絵の具を塗ったような黄金色である。
オオゴマダラとリュウキュウミスジ
オオゴマダラが目立つが、写真左隅で羽ばたいているのはリュウキュウミスジ
沖縄には約 150種類のチョウが生息しており、そのうちの 50種類は年間を通してみることができるという。
チョウ
人を怖がらないで寄ってくる。
オオゴマダラの大きさを分かっていただけるだろうか。
これはビデオで生録したセミの音。沖縄のセミは大音量である。鳴き方はアブラゼミのパターンなのだが、果たして同じ種類なのだろうか。詳しい方がいたらお知らせいただきたい

交通アクセス

名護・許田インターより車で約 30 分。
無料駐車場 100 台。

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header