眼鏡橋は日本最古の石造りアーチ橋

2016年3月17日 撮影
眼鏡橋
眼鏡橋 (めがねばし) (長崎県長崎市魚の町)は、日本最古の石造りアーチ橋で、「錦帯橋」「日本橋」とともに日本三名橋の一つとされている。川面に映った影が双円を描き、まるで眼鏡のように見えることから、この名が付いている。
眼鏡橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2198 Kbyte)
眼鏡橋
1960 年(昭和 35 年)に国の重要文化財に指定された。長さ 22 メートル、幅 3.65 メートル、川面までの高さ 5.46 メートル。
中島川は全長5 キロほどの短い川だが、18 の石橋が架けられている。
眼鏡橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1966 Kbyte)
眼鏡橋
江戸時代の長崎の町人たちは、寺町の仏寺に行く参道として中島川の石橋を渡っていた。
これらの橋は、僧侶、通詞、商人などの個人の財力で造られている。長崎は、鎖国時代唯一の外国貿易港であり天領であり、いかに豊かだったかがうかがわれる。
眼鏡橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2262 Kbyte)
眼鏡橋
江戸時代、18 の橋には名前はなく、上流から順に第一橋、第二橋‥‥と番号で呼ばれていた。眼鏡橋は第十橋で、1634 年(寛永 11 年)に架けられた。
眼鏡橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2361 Kbyte)
眼鏡橋
1982 年(昭和 57 年)の長崎大水害で半壊したが、その際に出土した階段跡を復元する形で補修された。日常生活橋として今も活用されている。

眼鏡橋と魚市橋の寺町側の石組みのなかにハート型の石が 3 個埋め込まれている。これは水害対策での中島河川改修工事のとき川岸の石組みの際、組み込まれたものである。愛を願うパワースポットとして人気を集めている。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:眼鏡橋

近隣の情報

眼鏡橋 関連

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header