網走駅の駅名看板が縦書きである理由

2017年2月18日 撮影
網走駅
網走 (あばしり) (北海道網走市新町2 丁目2-12)は、旭川・札幌方面に続く JR石北本線と知床斜里・釧路方面に続く釧網本線との分岐駅だ。
網走駅の大きな写真大きな写真
(2560×1323 ピクセル, 1165 Kbyte)
網走駅
1912 年(大正元年)10 月に開業した。現在の駅舎は 1977 年(昭和 52 年)に改築したものである。
ちなみに、日本の鉄道駅をアルファベット順に並べると、最初に登場する。
縦書きの駅名看板 - 網走駅
駅前ロータリーから駅舎に上がる階段の入口に、駅名を縦書きに記した木製看板がある。
網走刑務所で刑期を終えた受刑者が、網走駅から列車に乗って故郷や大切な人のもとへ帰る際、「横道にそれることなく、まっすぐに歩んで生きて行ってほしい」との想いを込めて、縦書きの看板にしたという。
網走駅
2面3線の単式・島式の複合ホームで、1 日に発車する列車は 20 本しかない。
1 日平均乗車人員も年々減少しており、2014 年度は 376 人となっている。
温度計 - 網走駅
駅には温度計があり、この日の気温は氷点下 4℃。網走市の年平均気温は 6.5℃である。
網走駅
ホームにも雪が降り積もっている。
網走駅
列車も真っ白だ。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:網走駅

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header