大鳴門橋は多柱基礎工法で渦潮に影響を与えない

2017年10月14日 撮影
大鳴門橋
大鳴門橋は、鳴門海峡を横断し、鳴門市と淡路島を結ぶ全長1,629 メートルの吊橋で、塔と塔の距離である中央支間長は 876 メートル、主塔の高さは 144.3 メートルある。
写真は、観潮船わんだーなるとに乗って淡路島側から見上げたところ。
大鳴門橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1025 Kbyte)
大鳴門橋
本州と四国を結ぶ有料の国道28 号(神戸淡路鳴門自動車道)の一部を成している。道路幅は 25 メートルで暫定 4車線となっている。
写真は、道の駅うずしおから眺めたところ。
近くには、2007 年(平成 19 年)に訪れた大鳴門橋架橋記念館「エディ」がある。
大鳴門橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1630 Kbyte)
大鳴門橋
吊橋を支えるメインケーブルの強大な張力に抵抗するために、鳴門側と淡路島側に 30 万トンもの重さがあるコンクリートの塊「アンカレイジ」を設置している。
大鳴門橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1322 Kbyte)
大鳴門橋
1970 年(昭和 45 年)、本州四国連絡橋公団が設立され、1976 年(昭和 51 年)7 月に着工。総工費1,000 億円をかけ、1985 年(昭和 60 年)6 月 8 日に供用開始した。

下部は鉄道を通すことができる設計となっているが、明石海峡大橋が道路単独橋で建設されてしまったので、四国新幹線が実現したとしても、淡路島より本州方面へはトンネル掘削するか、別に橋を架ける必要がある。
下部構造については、鳴門側から 450 メートルの部分は、渦の道として歩いて観光ができるようになっている。
大鳴門橋の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 837 Kbyte)
メインケーブル - 大鳴門橋
吊橋のメインケーブルは、直径 5.23mm の世界最高強度のピアノ線を 127 本束ねたストランドを、さらに 154 本束ね、直径 84cm となっている。表面に防錆剤を塗布した後、亜鉛めっきした鋼製のワイヤで保護し、さらに表面を塗装する方法により腐食を防いでいる。
鳴門の渦潮に影響を与えないよう、主塔の基部は、大きな口径の鋼管を複数建てて内部にコンクリートを流し込む多柱基礎工法を用いている。

交通アクセス

国道28 号(神戸淡路鳴門自動車道)は有料である。設計速度は 100km/h だが、最高速度 70km/h に規制されている。風の強い日が多く、その場合は 40km/h の速度規制がかかる。
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:鳴門公園
鳴門の渦潮 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header