沼津港大型展望水門「びゅうお」は日本最大

2018年11月10日 撮影
沼津港大型展望水門びゅうお
大型展望水門「びゅうお」(静岡県沼津市千本 1905-27)は、幅 40 メートル、高さ 9.3 メートル、重量406 トンと、日本最大級の水門である。東海地震の津波を想定し、沼津港の内港を守るために 2004 年(平成 16 年)9 月に完成した。
沼津港大型展望水門びゅうおの大きな写真大きな写真
(1920×1344 ピクセル, 790 Kbyte)
沼津港大型展望水門びゅうお
津波避難施設としての役割もあり、震度 5 強以上(250 ガル以上)の地震を観測すると自動的に水門が閉じ、約 5 分で完全閉鎖する。
沼津港大型展望水門びゅうお
両岸に 13 人乗りのエレベーターが 1 基ずつ設置され、ふだんは展望施設として運営されている。入場料は 100 円(子ども 50 円)。エレベーターには 1階と 2階(展望階)しかない。

夜間はライトアップされ、21 時まで入ることができる。
沼津港大型展望水門びゅうお
両岸の機械室の周囲を展望回廊がまわっていて、その間を長さ 30 メートルの連絡橋が繋ぐ構造になっている。展望回廊の高さは 30 メートルある。
沼津港大型展望水門びゅうおの大きな写真大きな写真
(1310×1920 ピクセル, 1126 Kbyte)
沼津港大型展望水門びゅうお
外部に非常階段も設置されているが平常時には利用できない。
沼津港大型展望水門びゅうお
展望回廊から、機械室の中を見ることができる。
沼津港大型展望水門びゅうお
駿河湾へ沈む太陽。
沼津港大型展望水門びゅうおの大きな写真大きな写真
(1440×1920 ピクセル, 855 Kbyte)
沼津港大型展望水門びゅうお
沼津港は、大型船が停泊する外港と、主に漁船が停泊する内港に分かれる。びゅうおは、外港と内港の間に設置されている。静岡県では 2 位、全国で 20 位以内の水揚げを誇る。

沼津港大型展望水門びゅうおの大きな写真大きな写真
(1920×1440 ピクセル, 1032 Kbyte)
沼津港大型展望水門びゅうお
沼津港を周遊する遊覧船「千鳥丸」が、1 時間に 1 回運行している。所要時間は約 30 分。
富士山、沼津御用邸記念公園など、白砂青松の絶景を楽しむことができる。
沼津港大型展望水門びゅうお
沼津市は、人口約 19 万人。伊豆箱根、富士山への観光拠点となっている。水産業が盛んであり、「アジの開き」の干物はとくに有名だ。
沼津港大型展望水門びゅうおの大きな写真大きな写真
(1920×1440 ピクセル, 1184 Kbyte)
沼津港大型展望水門びゅうお
遠くに見えるのは愛鷹山 (あしたかやま) (標高1,187 メートル)で、富士山の南隣に位置する火山である。

手前には、港口公園 (みなとぐちこうえん) が広がる。
港口公園
港口公園は、松林があり、手入れの行き届いた芝生のある公園だ。駐車場もある。
千本港神社
千本港神社。
千本港神社の大きな写真大きな写真
(1920×1475 ピクセル, 1672 Kbyte)
港口公園


勝田香月記念碑 - 港口公園
港口公園には、1899 年(明治 32 年)、沼津市で生まれた詩人で政治家の勝田香月 (かつたこうげつ) の記念碑がある。
1922 年(大正 11 年)に出版した詩集「心のほころび」に掲載されている「出船」が、この記念碑に刻まれている。1928 年(昭和 3 年)、東京市中野町(現在の中野区)の町議員に当選する。
沼津港大型展望水門びゅうお
港口公園には、江戸時代国学者・本居宣長の 6 代目の子孫、本居長世 (もとおりながよ) の記念碑がある。「赤い靴」「十五夜お月さん」「七つの子」「青い目の人形」など、多くの童謡を残した。毎年夏に沼津を訪れ、海辺の生活を楽しんだという。
沼津港大型展望水門びゅうお
港口公園から、びゅうおを見上げる。
沼津港深海水族館
沼津港の近くにある沼津港深海水族館では、世界で唯一、シーラカンスの冷凍標本がみることができる。
沼津港
沼津港の東側、狩野川との間には寿司や海鮮料理などの飲食店が軒を連ねる。
土産物屋も多いが、干物屋も「ラブライブ!サンシャイン!!」のコラボ企画に参加しているとは、いやはや‥‥。
沼津港大型展望水門びゅうお
2018 年(平成 30 年)7 月にオープンした沼津深海プリン工房は、地元素材にこだわり、青いラムネのジュレを載せた深海プリンを限定販売している。この日は行列ができていた。

交通アクセス

【バス】
  • 沼津駅からバスで約 15 分、「沼津港」で下車、徒歩で約 5 分。
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:沼津港大型展望水門びゅうお
沼津港 関連

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header