富山地方鉄道 8000形は1993年にデビュー

VVVFインバーター制御を搭載
富山地方鉄道 8000形
2013年6月20日 富山市内 写真:パパぱふぅ
8000 形は、富山地方鉄道株式会社の路面電車である。
日本車輌製造で 1993 年(平成 5 年)から 5 両が製造された。
富山地方鉄道 8000形の大きな写真大きな写真
(1920×1440 ピクセル, 704 Kbyte)
富山地方鉄道 8000形
2013年6月20日 富山市内 写真:パパぱふぅ
富山地方鉄道では初めて VVVF インバータ制御を採用し、集電装置はシングルアーム式パンタグラフとなっている。
全長12.8 メートル、全幅 2.4 メートル、全高3.28 メートル。最高速度は 40km/h。定員 66 人。
富山地方鉄道 8000形
2013年6月20日 富山市内 写真:パパぱふぅ
富山市電は、日本海側初の路面電車として 1913 年(大正 2 年)に開業した。堀川村(現・富山いずみ高校の敷地)で県の博覧会が開かれるのをきっかけに、富山駅から会場をつなぐ輸送手段として計画されたもので、1920 年(大正 9 年)に市営となり、1943 年(昭和 18 年)からは富山地方鉄道が運営している。
車社会が到来した高度経済成長期の 1960 年代後半から利用者は減り続けていたが、環境に優しい交通機関として見直されたことを背景に、2009 年(平成 21 年)には 0.9 キロの軌道があらたに敷設され、環状線が開通した。

2013 年(平成 25 年)9 月 1 日に、開業 100 周年を迎えた。
上谷博之さん(71)は、1960 年(昭和 35 年)から車掌、1964 年(昭和 39 年)から 24 年間は運転士を務めた。思い出深いのが 1963 年(昭和 38 年)の「三八豪雪」という。軌道は約 30 センチの圧雪状態となり、スコップとつるはしで雪かきに当たった。「お客さんに一番利用されていた時代」。その時代に働けたことが誇りにしている。
喫茶店「珈琲駅ブルートレイン」を営む中村正陽さん(71)は荒町電停に近い家で生まれ、自家用車のように利用してきた。市電はかつて全国の 45都市で走っていたが、現在残るのは 17都市。市民が利用することで守られてきたという思いがある。「利用者が減っても市民の足としての役割は変わらない」と話す。
富山地方鉄道 関連
(この項おわり)
header