JR北海道 789系は営業最高速度 140km/h

スーパー白鳥、スーパーカムイとして運行中

特急「スーパー白鳥」

特急「スーパー白鳥」 789系
2014年8月22日 函館駅 写真:こぱふぅ
789 系電車は、2002 年(平成 14 年)に東北新幹線が八戸駅に延伸したのにともない、函館までのリレー特急としてデビューしたスーパー白鳥の車両として、2002 年(平成 14 年)にデビューした。最高速度は 140km/h。現在は函館 - 新青森間を運行し、新青森駅で東北新幹線に接続している。
特急「スーパー白鳥」 789系の大きな写真大きな写真
(2703×2560 ピクセル, 4769 Kbyte)
特急「スーパー白鳥」 789系
2014年8月22日 函館駅 写真:こぱふぅ
Natural Modernをコンセプトとし、JR 北海道のコーポレートカラーである萌黄色 (もえぎ色) の塗装を施している。また、客室扉の塗装境界部には、津軽海峡の地形図をデザインした帯を配している。
先頭車両の側面には HEAT789(Hokkaido Express Advanced Train)のロゴが描かれている。
北海道新幹線開通で青函トンネルの電圧が変更されるため、2016 年(平成 28 年)3 月 21 日をもって運行を終了した。

特急「スーパーカムイ」

特急「スーパーカムイ」 789系1000番台
2013年8月15日 札幌駅 写真:こぱふぅ
スーパーカムイは、2007 年(平成 19 年)にデビューした特急で、最高速度は 130km/h。直線区間が多いので大半の区間で最高速度での連続走行が可能である。

789 系 1000番台は 781 系電車の交代として 2007 年(平成 19 年)に登場した、交流特急形電車である。
特急「スーパーカムイ」 789系1000番台の大きな写真大きな写真
(1920×1745 ピクセル, 191 Kbyte)
特急「スーパーカムイ」 789系1000番台
2012年3月29日 白石駅 写真:こぱふぅ
車体はステンレスを用いた軽量構体で、運転台を含む前頭部のみ普通鋼製である。ダルフィニッシュ加工が施された平板を用い、従来のステンレス車体に見られたビード加工はされない。
外部塗色は客室窓直下に濃淡バイオレット+萌黄色の帯を配し、前頭部付近で下方に弧を描くデザインである。前頭部はシルバーメタリック塗装で、正面中央には黒色の帯を縦位置に配する。
789系 関連
(この項おわり)
header