JR西日本 223系は130km/hを達成

2008年まで15年間にわたって量産

北陸本線 新快速

関空快速・紀州路快速 223系
2014年12月15日 新疋田駅付近 写真:こぱふぅ
223 系は、1994 年(平成 6 年)9 月 4 日の関西国際空港開業に合わせて JR西日本が開発した直流近郊形電車である。
関空快速・紀州路快速 223系の大きな写真大きな写真
(2560×1747 ピクセル, 2230 Kbyte)

東海道本線

東海道本線 223系
2018年12月27日 甲南山手駅 写真:こぱふぅ
阪神大震災の後、JR西日本は速やかに鉄道網を復旧させたことで乗客数が増大した。これに対応して投入されたのが 223 系で、近郊型電車では初めて 130km/h で営業運転が行われた。
東海道本線 223系の大きな写真大きな写真
(2560×1615 ピクセル, 2040 Kbyte)
東海道本線 223系
2007年7月28日 新大阪駅 写真:こぱふぅ
車体全長は 20 メートルのステンレス製軽量車体。片側に片側に 3 カ所の扉を備え、車内は転換クロスシートになっている。VVVF インバータ制御を新たに採用している。

関空快速・紀州路快速

関空快速・紀州路快速 223系
2013年12月17日 鶴ヶ丘駅 写真:こぱふぅ
最初の投入されたのは、阪和線を走る関空快速だった。新快速とは異なり、1+2 列のクロスシート仕様になっている。
その後、投入される線区や列車種別に応じて様々な仕様変更が行われた。
関空快速・紀州路快速 223系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 605 Kbyte)

阪和線

阪和線 223系
2013年12月17日 鶴ヶ丘駅 写真:こぱふぅ
2008 年(平成 20 年)まで生産が続き、アーバンネットワークを代表する車両となった。非電化区間を除き、関西の全線を走っている。
阪和線 223系の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 657 Kbyte)

湖西線

湖西線 223系
2016年12月31日 唐崎駅 写真:こぱふぅ
車体は軽量ステンレス鋼製で、前頭部などの一部は鋼製となっている。
湖西線 223系の大きな写真大きな写真
(2560×1481 ピクセル, 1605 Kbyte)
湖西線 223系
2011年12月12日 写真:こぱふぅ
前面形状は 221 系に比べて傾斜角度が緩やかになり、新設計の半流線形で非常時貫通構造となっている。
湖西線 223系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 566 Kbyte)
湖西線 223系
2011年12月12日 写真:こぱふぅ
湖西線に導入されている 1000 ・ 2000番台は、新快速での時速130 キロ運転を可能にした車両だ。

運転席

湖西線 223系
2011年12月12日 写真:こぱふぅ
車体塗色は、白・茶(関西急電シンボルカラー)・青(JR西日本コーポレートカラー)・ベージュ(新快速シンボルカラー)の 4色帯が採用されている。
湖西線 223系
2011年12月12日 写真:こぱふぅ

Aシート

JR西日本は、コンセントやテーブル、無料 Wi-Fi サービスが利用できる有料指定席「A シート」を、JR神戸線・ JR 京都線・琵琶湖線の一部新快速に 2019 年(平成 31 年)春から導入する。223 系のうち 2編成の 9 号車(12 両編成)を改造するもので、追加料金500 円を支払えば利用できる。
全席にコンセントを設置したほか、座席はリクライニング機能とテーブルが付いている。荷物スペースも利用できる。
空いてる席に座り、乗務員から乗車整理券を購入して利用する。支払いは交通系 IC カード、現金で行える。着席定員は 46 人。1 日に上下 4 本を運転する。
223系 関連
(この項おわり)
header