東急多摩川線 1000系は 9000系をベースに開発

1988年にデビュー

多摩川線

東急多摩川線 1000系
2007年5月3日 東急多摩川駅付近 写真:こぱふぅ
東急 1000 系電車は、1988 年(昭和 63 年)にデビューした東急の通勤形電車である。9000 系をベースに開発された、18m級片側 3 扉の軽量ステンレス車両である。最高速度は 120km/h。多摩川線では 3 両編成で運用されている。
東急多摩川線 1000系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 471 Kbyte)
多摩川駅(東京都大田区田園調布)は、高架部分に東急東横線・目黒線のホーム、地下に東急多摩川線のホームがある。

東急多摩川線は、多摩川駅と蒲田駅を結ぶ 7駅、全長5.6km の路線である。
かつては、目蒲線 (めかません) と呼ばれていたが、2000 年(平成 12 年)8 月に、目黒駅~多摩川駅を多摩川線、目黒駅~田園調布駅を目黒線として分割されてしまった。
東急多摩川線 1000系
2016年2月17日 蒲田駅 写真:パパぱふぅ
写真の 1507F編成は、東横線と日比谷線との相互直通運転をしていた車両を改造し、2014 年(平成 26 年)5 月から多摩川線で営業運転を開始したものである。改造後は、車体カラー帯を7000 系と同じ濃いグリーン、リーフグリーンにゴールドを加えた 3色にしている。
東急多摩川線 1000系の大きな写真大きな写真
(1920×1915 ピクセル, 1335 Kbyte)
東急多摩川線 1000系
2016年2月17日 蒲田駅 写真:パパぱふぅ
戸袋部には三日月のマークをアクセントとして加えている。
東京急行 関連

参考サイト

(この項おわり)
header