紀元前206年 - 鴻門の会

楚漢戦争のはじまり
鴻門の会
 (しん) を打倒するために立ち上がった劉邦 (りゅうほう) は、紀元前 206 年 10 月にが首都・咸陽 (かんよう) (関中)に入城した。同じく秦打倒のために立ち上がった項羽 (こううう) 、少し遅れて 12 月に咸陽に入城。劉邦と項羽の会合「鴻門の会 (こうもんのかい) 」がはじまる。
このとき、劉邦は項羽に殺されそうになり、かろうじて脱出。
項羽は秦王を殺害し、咸陽に火を放った。こうして秦は滅びる。

楚漢戦争

楚の貴族出身で軍事の才能に秀でた項羽は西楚の覇王を名乗り、諸侯を対象に大規模な封建を行う。劉邦は、辺境の地、漢中 (かんちゅう) に封じられた。

圧倒的な軍事力を背景にした項羽の支配に対し劉邦は反旗を翻し、楚漢戦争 (そかんせんそう) が勃発する。

垓下の戦い

劉邦
漢軍(劉邦軍)は彭城の戦い (ぼうじょうのたたかい) で大敗するが、兵を立て直し、紀元前 202 年 12 月、ついに西楚軍(項羽軍)を追い詰める。
このとき、漢軍60 万に対し西楚軍は 10 万。大平原で漢軍に取り囲まれた西楚軍は、故郷の西楚を歌った。これが四面楚歌の由来である。
項羽は包囲網を突破するも、追い詰められ自害。31 歳だった。

その 2 ヶ月後、劉邦が皇帝となり、漢王朝を開いた。
劉邦は農民の出身で、寛大で太っ腹。酒と女をこよなく愛したと伝えられている。
-270 -255 -240 -225 -210 -195 -180 -206 -202 楚漢戦争 -256 -195 劉邦 -230 -207 胡亥 -232 -202 項羽 -221 秦による中国統一 -258 -210 始皇帝 Tooltip

垓下(安徽省蚌埠市固鎮県)付近の地図

参考書籍

表紙 項羽と劉邦(上巻)改版
著者 司馬遼太郎
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 2005年06月
価格 766円(税込)
rakuten
ISBN 9784101152318
 
表紙 項羽と劉邦(中巻)改版
著者 司馬遼太郎
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 2005年07月
価格 680円(税込)
rakuten
ISBN 9784101152325
叔父・項梁の戦死後、反乱軍の全権を握った項羽は、鉅鹿の戦いで章邯将軍の率いる秦の主力軍を破った。一方、別働隊の劉邦は、そのすきに先んじて関中に入り函谷関を閉ざしてしまう。これに激怒した項羽は、一気に関中になだれこみ、劉邦を鴻門に呼びつけて殺そうとするが…。勇猛無比で行く所敵なしの項羽。戦べただがその仁徳で将に恵まれた劉邦。いずれが天下を制するか。
 
表紙 項羽と劉邦(下巻)改版
著者 司馬遼太郎
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 2005年08月
価格 723円(税込)
rakuten
ISBN 9784101152332
楚漢の天下争いは勝負がつかない。圧倒的な項羽軍の前に、穀倉のある山にのぼってこれと対峙する劉邦軍。やがて和議成って故郷に帰る項羽軍を劉邦は追撃し垓下に囲む。ある夜、包囲軍の中から楚の国の歌が湧き上がるのを聞いた項羽は、楚人はことごとく漢に降伏したかと嘆き、天が我を滅ぼしたことを知る。あらゆる人物の典型を描出しながら、絢爛たる史記の世界を甦らせた歴史大作。
 
(この項おわり)
header