紀元前500年 - ペルシア戦争勃発

アケメネス朝ペルシアがギリシア植民都市に侵攻
テルモピュライの戦い
ダヴィッド画:テルモピュライの戦い
絶頂期にあったアケメネス朝ペルシアは、ギリシアへ侵攻する。紀元前 500 年、アケメネス朝による支配を受けていたイオニア地方のギリシア植民都市が反乱を起こし、これを鎮圧するためにペルシア軍が派遣された。ペルシア戦争の始まりである。
ペルシア軍とギリシア軍はサラミスの海戦を含む 4 回の戦闘を経て、紀元前 449 年、カリアスの和約をもって戦争は終結する。
紀元前 550 年、キュロス 2 世は、メディア新バビロニア王国を滅ぼし、アケメネス朝を創始する。ペルシア帝国の始まりである。
古代エジプトを併合して古代オリエント世界を統一したペルシア帝国は、第4 代のダレイオス 1 世はの時代に版とを北西インドからマケドニア・トラキアに拡大し、ギリシアへ侵攻する。

ペルシア帝国が支配していたイオニア地方のギリシア植民都市は、紀元前 500 年、イオニアの反乱を起こす。ここにペルシア戦争が始まる。
ダレイオス 1 世は反乱を鎮圧したが、アテネを盟主とするギリシアは、紀元前 492 年に援軍を送る。第1 回の遠征は暴風のために失敗するが、紀元前 490 年の第2 回遠征でペルシア軍と対峙する。
一方、ペルシア帝国はフェニキア人を中心とする海軍を編成し、これに対抗した。ペルシア戦争は、地中海の交易権をめぐるアテネとフェニキアの争いという側面もあった。

紀元前 486 年にダレイオス 1 世が没し、跡を継いだクセルクス 1 世は、紀元前 480 年、700隻あまりの艦隊を率いて第3 回の遠征に出陣する。一方のギリシアは、アテネの執政官テミストクレスがスパルタなどに働きかけ、ポリス間の紛争をやめさせ、ペルシア軍に備えた。
ここにサラミスの海戦が始まる。数で優っていたはずのペルシア軍は惨敗を喫し、クセルクス 1 世は戦意を失って帰国した。

紀元前 479 年に最後の遠征が行われるが、ペルシア軍は陸上と海上で敗れ、イオニアから撤退する。
その後もペルシア帝国はギリシアへの干渉を続けるが、紀元前 465 年にクセルクス 1 世が暗殺されると、紀元前 449 年、アテネのペリクレスとの間に和睦(カリアスの和約)が成立し、ペルシア戦争は終結した。

この時代の世界

-625 -575 -525 -475 -425 -375 -500 -449 ペルシア戦争 -600 -529 キュロス2世 -558 -486 ダレイオス1世 -519 -465 クセルクス1世 -479 サラミスの海戦 -524? -455? テミストクレス -495? -429 ペリクレス -624 -546 タレス -582 -496 ピタゴラス -469 -399 ソクラテス Tooltip
(この項おわり)
header