紀元前586年 - バビロン捕囚

新バビロニア王国がユダ王国を征服
バビロン捕囚
紀元前 586 年、ユダ王国の首都エルサレムが新バビロニア王国のネブカドネザル王によって征服され、住民のヘブライ人が捕虜としてバビロンに連行され、約 50 年間の捕囚生活を送ることになった。これを「バビロン捕囚」と呼ぶ。
紀元前 538 年、新バビロニアがアケメネス朝ペルシア帝国のキュロス 2 世によって滅ぼされた際に解放され、パレスチナの地に戻った。
紀元前 609 年、メソポタミアとエジプトを統一支配していたアッシリアが滅び、新バビロニアのネブカドネザル王とエジプト第26王朝のネコ 2 世が古代オリエントの覇権をめぐって激しく対立した。
両国の中間パレスチナにあるユダ王国は、エジプト側に与したものの、新バビロニアに対しては貢納などを行った。
ヨキヤムはネコ王の後ろ盾で即位したものの、国民を重税や兵役で苦しめ、一方で宮殿建築を行い、預言者エレミヤにも非難され、国民の評判は悪かった。最期は、国内の新バビロン派に暗殺されたと伝えられている。
紀元前 601 年頃、エジプトへ侵攻した新バビロニア軍はネコ 2 世に撃退された。これを見たユダ王国は、新バビロニアへの貢納を停止した。ネブガドネザル王は激怒し、ユダ王国への侵攻を開始する。
そして紀元前 586 年、首都エルサレムが新バビロニアに征服された。
-675 -625 -575 -525 -475 -425 -586 -538 バビロン捕囚 -640 -598 ヨヤキム -650 -585 エレミヤ -640 -595 ネコ2世 -610 -562 ネブカドネザル -600 -529 キュロス2世 -500 -449 ペルシア戦争 -558 -486 ダレイオス1世 -519 -465 クセルクス1世 -624 -546 タレス -582 -496 ピタゴラス -524 -455 テミストクレス Tooltip

参考書籍

表紙 物語イスラエルの歴史
著者 高橋正男
出版社 中央公論新社
サイズ 新書
発売日 2008年01月25日
価格 1,058円(税込)
rakuten
ISBN 9784121019318
イスラエルという民族名は、紀元前十三世紀のエジプトの碑文にはじめて登場する。文明が交錯する東地中海沿岸部では、さまざまな民族が興亡してきた。そのなかで、イスラエル(ユダヤ)民族はバビロニア捕囚やローマ帝国による迫害など、民族流亡の危機を乗り越え、第二次世界大戦後に再び自らの国を持つに至った。本書は、民族の祖とされるアブラハムから中東戦争後の現在まで、コンパクトに語る通史である。
 

参考サイト

(この項おわり)
header