西暦28年頃 - イエス・キリストの処刑

ユダヤとローマの取引き
磔刑図(アンドレア・マンテーニャ画、1459年)
磔刑図(アンドレア・マンテーニャ画、1459 年)
ナザレのイエスはユダヤ教徒であった。
当時のユダヤ教は、ローマに服従することを説く議会派(サドカイ派)と、それを批判し戒律主義を旨とする民衆派(ファリサイ派)に分かれ、争っていた。
そんな中に洗礼者ヨハネがあらわれ、サドカイ派とファリサイ派の双方を批判した。
ヨハネの洗礼を受けたイエスは、しかしヨハネの教えに納得しておらず、修行しているうちに救世主(キリスト)と目覚めたとされる。イエスは各地を訪ね歩き、多くの弟子を獲得し、教団と呼べるような勢力に拡大していった。

サドカイ派もファリサイ派もイエスの影響力を無視できなくなり、彼を捕らえた。
ユダヤの裁判ではユダヤ人を死刑にすることができなかったので、イエスの身柄をローマへ引き渡した。当時のユダヤ総督であったピラトは、ヘロデ王との交渉を経て、最終的にイエスを十字架刑に処した。西暦 28 年頃のことである。

この時代の世界

-75 -25 25 75 125 28 イエス・キリストの処刑 -4 28 イエス・キリスト -73 -4 ヘロデ -49 カエサルがルビコン川を渡る -30 クレオパトラの死 -69 -30 クレオパトラ -27 ローマの帝政はじまる -63 14 オクタビアヌス 37 68 ネロ 53 117 トラヤヌス 96 五賢帝時代はじまる -6 57 光武帝 Tooltip
(この項おわり)
header