西暦79年 - ポンペイの滅亡

ヴェスヴィオ火山噴火で埋もれる
ポンペイ遺跡
西暦 79 年 8 月、イタリアでヴェスヴィオ火山が大噴火し、続いて発生した火砕流が一瞬にしてポンペイを飲み込んだ。ローマの植民都市だったポンペイの人口 2 万人の多くがローマなどに逃げたが、2 千人が犠牲となった。
1748 年にポンペイが再発見され、発掘が続いた。

この時代の世界

-125 -25 75 175 79 ポンペイの滅亡 64 ローマ大火 37 68 ネロ 96 五賢帝時代はじまる 53 117 トラヤヌス 121 180 マルクス・アウレリウス・アントニヌス 28 イエス・キリストの処刑 -4 28 イエス・キリスト -49 カエサルがルビコン川を渡る -69 -30 クレオパトラ -27 ローマの帝政はじまる -63 14 オクタビアヌス 57 倭の奴国王が後漢から金印を受け取る -6 57 光武帝 184 黄巾の乱 140 184 張角 Tooltip
(この項おわり)
header