西暦220年 - 三国時代はじまる

中国の混乱期
三国志演義
220 年、後漢 (ごかん) が滅び、 () (初代皇帝:曹丕 (そうそう) )、 (しょく) (初代皇帝:劉備 (りゅうび) )、 () (初代皇帝:孫権 (そんけん) )という 3 つの国が興る。
三国の間では激しい戦争が続き、経済活動は止まり、人口は減少した。

227 年、蜀の諸葛亮 (しょかつりょう) の侵攻を退けた魏では司馬氏が台頭する。
263 年、司馬昭 (しばしょう) は蜀を滅ぼす。
265 年、司馬昭の子ども、司馬炎 (しばえん) (のちの武帝)が魏の皇帝から禅譲を受け (しん) (西晋)を興し、ここに魏が滅びる。司馬炎は続いて呉を滅ぼし、280 年、中国を再統一しする。
125 175 225 275 325 375 220 三国時代はじまる 161 223 劉備 187 226 曹丕 181 234 諸葛亮 179 251 司馬懿 182 252 孫権 208 赤壁の戦い 236 290 司馬炎 265 晋の成立 290 司馬衷 276 322 司馬睿 184 黄巾の乱 226 ササン朝ペルシアの建国 216 277 マニ 220 272 シャープール2世 320 チャンドラグプタ1世が即位 244 311 ディオクレティアヌス帝 250 325 リキニウス 313 ミラノ勅令 248 卑弥呼が死去 200 248 卑弥呼 244 311 ディオクレティアヌス帝 250 325 リキニウス Tooltip
(この項おわり)
header