西暦535年 - クラカタウ火山が大噴火

異常気象により世界史が動く
クラカタウ火山が大噴火
西暦 535 年、インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間のスンダ海峡にあるクラカタウ火山が大噴火した。インドネシア文明の断絶をもたらし、世界各地に異常気象をもたらした。
大噴火は、最初、水蒸気と火山灰が大気中に巻き上げられ太陽光を遮り、世界各地を豪雨が襲った。5 世紀から 6 世紀にかけてのジャワ島西部にはカラタンと呼ばれた高度の文明が栄えていたが、6 世紀には姿を消した。
間もなく地表が寒冷化し水分の蒸発量は減り、大陸には大干魃が訪れる。突厥 (とっけつ) をはじめとする中央アジアの遊牧民は弱体化。南北朝の争いが数十年続き、やがて唐が史上空前の版図を広げる。
日本では、飢饉、疫病の流行で伝統的神道と物部氏は支持を失い、仏教が国家宗教となった。
東ローマ帝国ではスラヴ系民族が侵略して略奪の限りを尽くし、追い打ちをかけるようにペストが大流行し、首都コンスタンティノープルは壊滅寸前にまで追い詰められた。
干魃やペストはアラビアをも襲い、イスラム教が誕生する素地を作った。
中央アメリカでは、マヤ文明が姿を消した。

この時代の世界

425 475 525 575 625 675 535 クラカタウ火山が大噴火 525 ナスカの地上絵 538 仏教伝来 507 継体天皇が即位 450 531 継体天皇 509 571 欽明天皇 540 570 蘇我稲目 538 585 敏達天皇 540 587 物部守屋 547 587 用明天皇 550 592 崇峻天皇 551 626 蘇我馬子 554 628 推古天皇 592 崇峻天皇、暗殺 574 622 聖徳大使 603 冠位十二階 604 十七条憲法 607 第2回遣隋使 541 604 陽堅→文帝 589 隋による中国統一 569 618 煬帝 566 635 高祖 618 唐の建国 531 ホスロー1世が即位 530 579 ホスロー1世 570 632 ムハンマド 622 ヒジュラ(聖遷) 560 628 ホスロー2世 573 634 アブー・バクル 486 フランク王国の建国 466 511 クロヴィス1世 476 西ローマ帝国が滅亡 460 536 ロムルス・アウグストゥルス 500 548 テオドラ 482 565 ユスティニアヌス1世 Tooltip
(この項おわり)
header