西暦538年 - 仏教伝来

蘇我氏が仏教保護
飛鳥大仏
538 年、百済の聖明王の使いで訪れた使者が欽明天皇 (きんめいてんのう) に金銅の釈迦如来像や経典、仏具などを献上した。
だが、仏教を信奉する蘇我氏 (そがし) と、神道を擁護する物部氏 (もののべし) の対立が深まり、587 年、物部氏は蘇我氏に滅ぼされる。

594 年、推古天皇 (すいこてんのう) の時代に「仏教興隆の (みことのり) 」が出され、各地で寺院建設がはじまるようになる。
425 475 525 575 625 675 538 仏教伝来 450 531 継体天皇 507 継体天皇が即位 509 571 欽明天皇 540 570 蘇我稲目 538 585 敏達天皇 540 587 物部守屋 547 587 用明天皇 550 592 崇峻天皇 551 626 蘇我馬子 554 628 推古天皇 592 崇峻天皇、暗殺 574 622 聖徳大使 603 冠位十二階 604 十七条憲法 607 第2回遣隋使 541 604 陽堅→文帝 589 隋による中国統一 569 618 煬帝 566 635 高祖 618 唐の建国 531 ホスロー1世が即位 530 579 ホスロー1世 570 632 ムハンマド 622 ヒジュラ(聖遷) 451 カタラウヌムの戦い 486 フランク王国の建国 466 511 クロヴィス1世 500 548 テオドラ 482 565 ユスティニアヌス1世 Tooltip
(この項おわり)
header