西暦751年 - タラス河畔の戦い

唐とアッバース朝が衝突
玄宗
751 年、中央アジアのタラス川の近くで、と前年に革命で誕生したイスラームのアッバース朝の軍隊が衝突し、アッバース朝が勝利した。
タラス川は陸のシルクロードの要衝であるが、これは領土拡大を目指すアッバース朝が唐の領土内に侵入したために起きた戦いである。結果として、中国の西の限界を天山山脈に定めることとなった。

ちなみに、このときアッバース朝の捕虜になった中国人の中に紙漉職人がおり、製紙法がイスラム世界に伝わる。
757 年、サマルカンド城内に西方世界初の製紙工場が建設される。ここで作られたサマルカンド紙はイスラム商人によってヨーロッパへ運ばれる。
唐は第6 代皇帝、玄宗 (げんそう) の「開元の治 (かいげんのち) 」のもとで未曾有の繁栄を謳歌していた。都の長安には西方から人や物が往来して、異国情緒あふれる文化が花開いていた。
だが、玄宗は晩年、政治に対する関心が薄れ、妃の楊貴妃 (ようきひ) を溺愛するようになった。
そんな中でタラス河畔の戦いは起こった。

同じ頃、農民の没落などで内政が不安定になったため、辺境には政治・軍事の支配権を持つ節度使 (せつどし) を 10 カ所に配置した。
755 年、節度使の安禄山が安史の乱を起こした。反乱はかろうじて鎮圧されたものの、唐の社会は内向きの変革を余儀なくされる。
625 675 725 775 825 751 タラス河畔の戦い 685 762 玄宗 719 756 楊貴妃 688 763 鑑真 701 762 李白 705 757 安禄山 710 761 史思明 755 763 安史の乱 742 805 徳宗 732 トゥール・ポアティエの戦い 712 775 マンスール 750 アッバース朝が成立 766 809 ハールーン・アッラシード 786 809 ハールーン・アッラシードが即位 714 768 ピピン 800 カールの戴冠 742 814 カール大帝 750 816 レオ3世 793 ヴァイキングがイングランドへ侵入 760 811 ニケフォロス1世 694 藤原京に遷都 683 707 文武天皇 701 大宝律令 668 749 行基 710 平城京に遷都 680 748 元正天皇 688 763 鑑真 701 756 聖武天皇 701 760 光明皇后 700 772 道鏡 718 770 孝謙天皇→称徳天皇 709 781 光仁天皇 752 大仏の開眼供養 784 長岡京へ遷都 794 平安京へ遷都 Tooltip

タラス川付近の地図

(この項おわり)
header