西暦752年 - 大仏の開眼供養

聖武天皇の大事業

泣こうにも (752) 大仏でしょう

奈良の大仏
2014年6月11日 写真:こぱふぅ
743 年(天平 15 年)、聖武天皇紫香楽宮 (しがらきのみや) (現在の滋賀県甲賀市信楽町)で大仏の建造をはじめた。

聖武天皇は、5 年の間に、恭仁京 (くにきょう) (山背)、難波宮(摂津)、紫香楽宮 (しがらきのみや) (近江)を転々とした。
しかし、噴火や地震などの天災が相次いだため、745 年に都を平城京に戻し、行基を呼び寄せて大仏の建造を続行した。

そして 752 年(天平勝宝 4 年)、聖武太上天皇 (しょうむだいじょうてんのう) 孝謙天皇 (こうけんてんのう) が見守る中、大仏の開眼供養が行われた。
大仏と東大寺大仏殿の工事は完了したのは 756 年(天平勝宝 8 年)のことで、13 年の年月と延べ 260 万人の労働力が必要だった。建造費は現在の貨幣価値にして約 4657 億円に上るという。
完成から間もなく、聖武太上天皇は崩御した。

東大寺大仏は盧舎那仏 (るしゃなぶつ) で、宇宙の真理をすべての人に照らし、悟りに導く仏とされている。中国河南省の奉洗寺の大仏がモデルといわれる。

現存の大仏は像の高さ約 14.7 メートル、基壇の周囲 70 メートルある。建造当時の大仏より 1 メートル低くなったとされる。
台座、右の脇腹、両腕から垂れ下がる袖、大腿部などに一部天平時代の部分が残っており、1958 年(昭和 33 年)、「銅造盧舎那仏坐像(金堂安置)1躯」として国宝に指定されている。

2010 年(平成 22 年)10 月、聖武天皇とともに東大寺を創建した光明皇后 (こうみょうこうごう) 1250 年忌法要が行われた。

この時代の世界

625 675 725 775 825 752 大仏の開眼供養 701 756 聖武天皇 701 760 光明皇后 718 770 孝謙天皇→称徳天皇 700 772 道鏡 709 781 光仁天皇 784 長岡京へ遷都 794 平安京へ遷都 694 藤原京に遷都 683 707 文武天皇 701 大宝律令 668 749 行基 710 平城京に遷都 680 748 元正天皇 688 763 鑑真 751 タラス河畔の戦い 685 762 玄宗 719 756 楊貴妃 688 763 鑑真 701 762 李白 705 757 安禄山 710 761 史思明 755 763 安史の乱 742 805 徳宗 732 トゥール・ポアティエの戦い 712 775 マンスール 750 アッバース朝が成立 766 809 ハールーン・アッラシード 786 809 ハールーン・アッラシードが即位 714 768 ピピン 800 カールの戴冠 742 814 カール大帝 750 816 レオ3世 793 ヴァイキングがイングランドへ侵入 760 811 ニケフォロス1世 Tooltip

参考サイト

参考書籍

表紙 大仏をめぐろう
著者 坂原弘康
出版社 イースト・プレス
サイズ 単行本
発売日 2010年09月
価格 1,717円(税込)
rakuten
ISBN 9784781604657
え?こんなにあるの!?初の大仏ガイド。全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介します。
 
表紙 奈良の大仏新装版 世界最大の鋳造仏
著者 香取忠彦/穂積和夫
出版社 草思社
サイズ 単行本
発売日 2010年03月
価格 1,728円(税込)
rakuten
ISBN 9784794217523
平城遷都1300年記念。当時の日本の人口の約半分に当たる人が動員された巨大建設。金工・美術史の研究者が、天平時代の鋳造技法を推定し、それにもとづいて、イラストレーターが大仏建造のはじまりから終わりまでを描きあげた、その建造のしくみ。
 

付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:東大寺大仏殿

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header