西暦784年 - 長岡京へ遷都

桓武天皇による遷都
長岡京朝堂院復元模型
延暦 3 年(784 年)、桓武天皇 (かんむてんのう) は、第40 代・天武天皇 (てんむてんのう) から第48 代・称徳天皇 (しょうとくてんのう) まで天武系の政権を支えてきた貴族や寺院の勢力を削ぐため、長岡京に遷都する。
長岡京の規模は平安京とほぼ同じだったと考えられている。

天皇系図38-50代
第50 代・桓武天皇は光仁天皇 (こうにんてんのう) の皇子で、天智天皇系である。781 年、老齢を理由に退位した光仁天皇に代わり即位し、元号を天応とあらためる。

長岡京に遷都した翌年の延暦 4 年(785 年)9 月、長岡京の造営を担当した藤原種継 (ふじわらのたねつぐ) が暗殺された。種継暗殺の首謀者の中には、桓武天皇の弟である早良親王 (さわらしんのう) や、平城京の仏教勢力・東大寺に関わる役人が複数いた。

早良親王は淡路島に流されるが、流刑地に到着する前に絶食、憤死する。
早良親王の死後、日照りによる飢饉、疫病の流行や、皇后や皇太子の発病といった変事が起きた。原因を占ったところ、早良親王の怨霊であることがわかった。早良天皇の御霊を鎮める儀式が執り行われ、崇道天皇 (すどうてんのう) と追号した。
にもかかわらず、その 2 ヵ月後に長岡京を大雨が襲い大惨事となった。
そこで、和気清麻呂 (わけのきよまろ) はふたたび遷都することを提案する。
和気清麻呂は、神護景雲3 年(769 年)、称徳天皇に取り入り皇位を狙っていた道鏡 (どうきょう) の神託を確認、否定した人物である(宇佐八幡宮神託事件)。
このため流刑になるが、光仁天皇の即位とともに従五位下に復位され、桓武天皇の元では実務型官僚として頭角をあらわした。
675 725 775 825 875 784 長岡京へ遷都 737 806 桓武天皇 733 799 和気清麻呂 700 772 道鏡 735 785 藤原種継 750 785 早良親王 709 781 光仁天皇 752 大仏の開眼供養 718 785 大伴家持 727 786 坂上苅田麻呂 758 764 淳仁天皇 760 802 阿弖利為 758 811 坂上田村麻呂 767 822 最澄 774 824 平城天皇 802 坂上田村麻呂が東国を平定 774 835 空海 804 最澄、空海が唐へ 685 762 玄宗 688 763 鑑真 701 762 李白 705 757 安禄山 710 761 史思明 719 756 楊貴妃 751 タラス河畔の戦い 755 763 安史の乱 742 805 徳宗 732 トゥール・ポアティエの戦い 712 775 マンスール 750 アッバース朝が成立 751 タラス河畔の戦い 714 768 ピピン 742 814 カール大帝 750 816 レオ3世 793 ヴァイキングがイングランドへ侵入 800 カールの戴冠 760 811 ニケフォロス1世 Tooltip

長岡京付近の地図

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:長岡京跡

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header