西暦794年 - 平安京遷都

桓武天皇が平安京に遷都

泣くよ (794) 坊さん、平安京

平安京
延暦 13 年(794 年)10 月 22 日(旧暦)、桓武天皇は平安京に遷都した。これより鎌倉幕府が開かれる1192 年までを平安時代と呼ぶ。
平安京は、現在の京都市よりやや小さく、東西4.5 キロ、南北 5.2 キロの広さであった。平城京より南北に長い都である。
平城京同様、唐の長安をモデルに造られ、幅 28 丈(約 84 メートル)の朱雀大路を境に東側の左京と西側の右京に分かれていた。
さらに東西南北に走る大路・小路によって、40 丈(約 120m)四方の町に分けられていた。

東西方向に並ぶ町を 4 列集めたものを「条」、南北方向の列を 4 つ集めたものを「坊」と呼び、同じ条・坊に属する 16 の町にはそれぞれ番号が付けられていた。これによりそれぞれの町は「右京五条三坊十四町」のように呼ばれた。
道路の幅は小路でも 4 丈(約 12m)、大路では 8 丈(約 24m)以上あった。現在の京都市より大分広い。

平安京には城壁は存在しなかったが、中国から伝わった風水に基づく四神相応 (しじんそうおう) の考え方に基づいて場所を選定したといわれている。
つまり、東の青龍 (せいりゅう) が鴨川、西の白虎 (びゃっこ) が山陰道、南の朱雀 (すざく) 巨椋池 (おぐらいけ) 、北の玄武 (げんぶ) が船岡山といった対応付けである。

延暦 3 年(784 年)、長岡京に遷都した桓武天皇であったが、早良親王 (さわらしんのう) 崇道天皇 (すどうてんのう) )の怨霊に悩まされていた。
そこで和気清麻呂 (わけのきよまろ) の建議を受け入れ、長岡京遷都からわずか 10 年後の延暦 13 年(794 年)10 月 22 日(旧暦)、平安京に遷都、11 月 8 日に「この都を平安京と名付ける」と詔を下した。
平安京という名前には、「平らかで安らかな都」であってほしいとする桓武天皇の願いが込められている。その願いの通り、明治 2 年(1869 年)に明治天皇が東京に遷るまで、1 千年以上にわたって日本の「都」としての機能を果たすことになる。

桓武天皇はあらたな仏教を求め、延暦 23 年(804 年)、最澄 (さいちょう) 空海 (くうかい) を唐へ派遣した。
最澄は延暦 24 年(805 年)に帰国し、天台宗を開いた。空海は延暦 25 年(806 年)に帰国し、真言宗を開いた。
675 725 775 825 875 794 平安京へ遷都 784 長岡京へ遷都 737 806 桓武天皇 733 799 和気清麻呂 700 772 道鏡 735 785 藤原種継 750 785 早良親王 709 781 光仁天皇 752 大仏の開眼供養 718 785 大伴家持 727 786 坂上苅田麻呂 758 764 淳仁天皇 760 802 阿弖利為 758 811 坂上田村麻呂 767 822 最澄 774 824 平城天皇 802 坂上田村麻呂が東国を平定 774 835 空海 804 最澄、空海が唐へ 793 ヴァイキングがイングランドへ侵入 714 768 ピピン 742 814 カール大帝 750 816 レオ3世 793 ヴァイキングがイングランドへ侵入 800 カールの戴冠 760 811 ニケフォロス1世 786 809 ハールーン・アッラシードが即位 766 809 ハールーン・アッラシード 750 アッバース朝が成立 712 775 マンスール 751 タラス河畔の戦い 732 トゥール・ポアティエの戦い 685 762 玄宗 688 763 鑑真 701 762 李白 705 757 安禄山 710 761 史思明 719 756 楊貴妃 751 タラス河畔の戦い 755 763 安史の乱 742 805 徳宗 Tooltip
(この項おわり)
header