西暦901年 - 菅原道真、太宰府へ

菅原道真が大宰府に権帥として左遷
都府楼跡
2008年7月27日 写真:ままぱふぅ
菅原道真 (すがわらのみちざね) 宇多天皇 (うだてんのう) の信任があつく、権勢をふるいつつあった藤原氏の牽制役として、学者としては異例の出世を遂げ、899 年には右大臣にのぼりつめた。

ところが、901 年、藤原時平 (ふじわらのときひら) らの陰謀によって、筑前国の大宰府に権帥として左遷された。そして 903 年、無念のうちに死去した。
その遺骸を都まで送ろうとしたところ、牛車を曳いていた牛が動かなくなった。それはそこに留まりたいのだという道真の遺志によるものと考え、そこに墓が作られた。905 年には墓所に廟が建てられた。これが太宰府天満宮の始まりである。

道真が亡くなった後、平安京では天変が相次いだ。
908 年には、菅原道真の無実を醍醐天皇 (だいごてんのう) に訴えにきた宇多上皇を皇居に入れずに邪魔した藤原菅根が変死。909 年には陰謀の首謀者である時平が、わずか 39 歳で死去。京都は、910 年からは毎年のように洪水や大火事に見舞われた。
930 年には、清涼殿に落雷があり、大納言藤原清貫と右中弁平希世ら、数人が雷に撃たれて死亡。醍醐天皇はショックを受けて病に伏し、3 ヶ月後に死去した。
このことから、道真の祟りが雷神であるとする「天神説」が生まれた。
これを鎮めるために、959 年、京都に造営されたのが北野天満宮である。

参考サイト

この時代の世界

825 875 925 975 901 菅原道真、太宰府へ左遷 845 903 菅原道真 867 931 宇多天皇 871 909 藤原時平 875 935 平国香 885 930 醍醐天皇 880 949 藤原忠平 895 940 藤原玄明 893 941 藤原純友 903 940 平将門 923 952 朱雀天皇 939 承平天慶の乱 840 884 黄巣 852 912 朱全忠 907 唐が滅ぶ 877 943 王建 882 954 馮道 870 911 アブー・アブドゥッラー 860 933 ロロ 912 973 オットー1世 937 964 ヨハネス12世 Tooltip

都府楼跡(大宰府政庁跡)

【鉄道】
  • 西鉄「都府楼前」から太宰府市コミュニティバス「まほろば号」で 6 分、バス停「大宰府政庁跡」下車、徒歩すぐ。

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header