西暦935年 - 紀貫之『土佐日記』

最初の仮名日記
紀貫之
935 年(承平 5 年)、紀貫之 (きのつらゆき) が『土佐日記』を著す。

紀貫之は、930 年(延長8 年)から 934 年(承平 4 年)にかけて、土佐国に国司として赴任していた。任期を終えて京へ帰る途中に起きた出来事を、虚構を交えて紀行文風に綴った日記である。書き手を女性に見立て、ほとんどを仮名で綴っている。

この時代の世界

825 875 925 975 1025 935 紀貫之『土佐日記』 866 945 紀貫之 939 承平天慶の乱 893 941 藤原純友 903 940 平将門 880 949 藤原忠平 915 989 平貞盛 923 952 朱雀天皇 901 菅原道真、太宰府へ左遷 867 931 宇多天皇 875 935 平国香 885 930 醍醐天皇 895 940 藤原玄明 929 990 藤原兼家 979 宋による中国統一 927 976 趙匡胤 921 959 紫栄 922 992 趙普 939 997 太宗 907 唐が滅ぶ 877 943 王建 882 954 馮道 870 934 アブー・アブドゥッラー 909 ファーティマ朝が成立 962 神聖ローマ帝国のはじまり 912 973 オットー1世 937 964 ヨハネス12世 940 996 ユーグ・カペー Tooltip

参考書籍

表紙 土佐日記(全)
著者 紀貫之/西山秀人
出版社 角川学芸出版
サイズ 文庫
発売日 2007年08月
価格 648円(税込)
rakuten
ISBN 9784043574209
平安期の大歌人、紀貫之が侍女になりすまし、帰京の旅をかな文字で綴った紀行文学の名作。国司の任期を終えて京へ戻る船旅は長く苦しい日々の連続であった。土佐の人々に温かく見送られ出発したものの、天候不順で船はなかなか進まない。おまけに楫取はくせ者。海賊にも狙われる。また折にふれ、土佐で亡くした娘を想い悲嘆にくれる。鬱々としながらも歌を詠み合い、ひたすら都を目指す一行の姿が生き生きとよみがえる。
 
表紙 すらすら読める土佐日記
著者 林望
出版社 講談社
サイズ 単行本
発売日 2005年06月
価格 1,620円(税込)
rakuten
ISBN 9784062125093
ユーモア、ギャグ、ジョーク、くすぐり、もじり、洒落、言葉遊び…、そして亡き子を偲ぶシミジミとした情調と。リンボウ先生の読み解きで知る、目からうろこの一冊。
 
(この項おわり)
header