西暦962年 - 神聖ローマ帝国のはじまり

教皇がフランク王に戴冠
神聖ローマ帝国の紋章
962 年 2 月 2 日、教皇ヨハネス 12 世がフランク王オットー 1 世に、古代ローマ帝国の継承者として戴冠する。ここに神聖ローマ帝国(~1806 年)が誕生する。
ザクセン大公ハインリヒの子どもとして産まれたオットー 1 世は、936 年、カール大帝に倣い、戴冠式をアーヘン大聖堂(エクス・ラ・シャペル)で挙行する。そこで塗油の儀を受けることにより、自分がカール大帝の遺志を継ぐ者であることを世に示した。

オットー 1 世は、当初、近親者による統治を目指していた。しかし相次いで反乱が起きたため、聖職者による統治政策に切り替えることにした。
961 年、イタリアの統治を委せていたベレンガリオとアダルベルトの父子がローマ教皇ヨハネス 12 世を攻撃した。教皇の救援を受け、オットー 1 世はベレンガリオ父子を成敗した。

周辺諸国からもその実力を認められたオットー 1 世は、翌962 年、神聖ローマ皇帝となる。
なお、神聖ローマ帝国の国号が正式に用いられるようになったのは、13 世紀以降のことである。

ヨーロッパでは、ノルマン人、スラブ人、さらにマジャール人の移動で、民族地図が塗り替えられる。現在のロシアおよび東欧諸国の原形ができたのはこの時代だ。ノルマンディ一家やカペー家など、現在につらなる王家が表舞台に現れたことも注目に値する。
また、ビザンツ皇帝と神聖ローマ皇帝の並立、ギリシア正教とカトリックの勢力争いなど、東西対立のかたちも明確になっていく。
神聖ローマ帝国は 19 世紀初頭まで続くが、時代や状況とともに体制を変える暖昧な存在であった。
825 875 925 975 1025 1075 962 神聖ローマ帝国のはじまり 912 973 オットー1世 937 964 ヨハネス12世 987 フランス王国の成立 940 996 ユーグ・カペー 967 987 ルイ5世 958 1025 パシレイオス2世 939 承平天慶の乱 893 941 藤原純友 903 940 平将門 880 949 藤原忠平 915 989 平貞盛 923 952 朱雀天皇 901 菅原道真、太宰府へ左遷 845 903 菅原道真 871 909 藤原時平 867 931 宇多天皇 875 935 平国香 885 930 醍醐天皇 895 940 藤原玄明 929 990 藤原兼家 953 995 藤原道隆 977 1001 藤原定子 973 1014 紫式部 966 1025 清少納言 980 1011 一条天皇 966 1027 藤原道長 976 1017 三条天皇 1000 彰子が中宮に 978 1030 和泉式部 1018 藤原道長の絶頂期 979 宋による中国統一 927 976 趙匡胤 921 959 紫栄 922 992 趙普 939 997 太宗 934 1025 フェルドウスィー 971 1030 マフムード 1010 「シャー・ナーメ」完成 Tooltip
(この項おわり)
header