西暦1006年 - おおかみ座に超新星出現

史上最も明るい天体に
超新星 SN1006
西暦 1006 年 4 月 30 日から 5 月 1 日かけ、おおかみ座に超新星 SN 1006 が出現する。明るさはマイナス 7.5等級で、金星(最大マイナス 4.7等級)より明るく、太陽や月を除く史上最も明るい天体となった。日本をはじめ、中国、エジプト、イラク、イタリア、スイスに記録が残っている。

日本では、陰陽師の安倍吉昌 (あべのよしまさ) が観測しており、200 年後の 1230 年(寛喜 2 年)には藤原定家が『明月記』に「客星」として紹介している。
SN 1006 の残骸は、地球から約 7100 光年の距離にあり、約 65 光年の直径を持ち、いまも秒速2900km で膨張している。

この時代の世界

875 925 975 1025 1075 1125 1006 おおかみ座に超新星出現 921 1005 安倍晴明 955 1019 安倍吉昌 1000 彰子が中宮に 977 1001 藤原定子 973 1014 紫式部 966 1025 清少納言 980 1011 一条天皇 966 1027 藤原道長 976 1017 三条天皇 978 1030 和泉式部 999 1019 敦康親王 994 1027 藤原妍子 1018 藤原道長の絶頂期 988 1074 藤原彰子 992 1074 藤原頼通 1000 1036 藤原威子 1008 1036 後一条天皇 939 承平天慶の乱 915 989 平貞盛 929 990 藤原兼家 953 995 藤原道隆 1000 1057 安部頼時 1000 1062 藤原経清 988 1075 源頼義 979 宋による中国統一 922 992 趙普 939 997 太宗 1019 1086 司馬光 1021 1086 王安石 1070 王安石の改革 980 1037 イブン・スィーナー 934 1025 フェルドウスィー 971 1030 マフムード 1010 「シャー・ナーメ」完成 990 1063 トゥグリル・ベク 1038 セルジューク朝の建国 962 神聖ローマ帝国のはじまり 940 996 ユーグ・カペー 967 987 ルイ5世 987 フランス王国の成立 958 1025 パシレイオス2世 1020 1085 グレゴリウス7世 937 964 ヨハネス12世 1002 1054 レオ9世 1054 キリスト教会の東西分裂 1027 1087 ウィリアム1世 1066 ノルマン・コンクエスト 958 1025 パシレイオス2世 1000 1059 ミハイル1世キルラリオス 1054 キリスト教会の東西分裂 Tooltip
(この項おわり)
header