西暦1018年 - 藤原道長の絶頂期

御堂関白
藤原道長
1018 年、藤原道長の長女・藤原彰子 (ふじわらのしょうし) 一条天皇の間に産まれた後一条天皇が 11 歳になった時、道長は三女の藤原威子 (ふじわらのいし) を入内させ中宮(皇后)にした。彰子、妍子に続いて、3 人目の娘を天皇に嫁がせたことになる。

威子の立后の日(旧暦 10 月 16 日)、道長は即興の歌「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」を詠んだ。この世は自分のためにあるものだから満月が欠けることもない、と解釈されている。まさに道長の絶頂期である。
旧暦 16 日は十六夜 (いざよい) だ。天文学的に見たら月はわずかに欠けていたはずなのだが、それにかけた歌なのであろう。

道長は御堂関白 (みどうかんぱく) と呼ばれることもあるが、自らは関白の地位に就いたことがない。これは、自身の孫が天皇に即位して外祖父となるまでは摂政・関白には就かず、太政官の事実上の首席である左大臣として公事の執行にあたると同時に、関白に近い権限を持つ内覧を兼任することによって最高権力を行使しようとしていたと考えられている。

外孫である後一条天皇に娘・威子を嫁がせて間もなく、1019 年、道長の長男・藤原頼通 (ふじわらのよりみち) が関白に就任する。これにより、道長は実質的に天皇や公家より上の立場に君臨することになる。

その後、道長は法成寺の建立に精力を傾けた。地方の受領は、天皇家の仕事よりも優先して法成寺建立に奉仕したという。「栄花物語」が、その壮麗さを伝えている。

道長は多くの子どもたちに先立たれており、心安らかな晩年ではなかっただろう。1027 年に病没。享年 62。

道長は藤原北家 (ふじわらほっけ) の全盛期を築き、摂関政治の崩壊後も彼の子孫のみが摂関職を代々世襲し、本流から五摂家と九清華のうち三家(花山院・大炊御門・醍醐)を輩出した。

ちなみに、669 年 10 月 16 日(旧暦)には、藤原氏の始祖・藤原鎌足 (ふじわらのかまたり) 中臣鎌足 (なかとみのかまたり) )が死没している。

この時代の世界

875 925 975 1025 1075 1125 1018 藤原道長の絶頂期 966 1027 藤原道長 1000 彰子が中宮に 988 1074 藤原彰子 1000 1036 藤原威子 977 1001 藤原定子 973 1014 紫式部 966 1025 清少納言 980 1011 一条天皇 976 1017 三条天皇 978 1030 和泉式部 999 1019 敦康親王 994 1027 藤原妍子 992 1074 藤原頼通 1008 1036 後一条天皇 903 940 平将門 923 952 朱雀天皇 939 承平天慶の乱 915 989 平貞盛 929 990 藤原兼家 953 995 藤原道隆 1000 1057 安部頼時 1000 1062 藤原経清 988 1075 源頼義 979 宋による中国統一 927 976 趙匡胤 922 992 趙普 939 997 太宗 1019 1086 司馬光 1021 1086 王安石 1048 1085 神宗 1070 王安石の改革 980 1037 イブン・スィーナー 934 1025 フェルドウスィー 971 1030 マフムード 1010 「シャー・ナーメ」完成 990 1063 トゥグリル・ベク 1038 セルジューク朝の建国 962 神聖ローマ帝国のはじまり 940 996 ユーグ・カペー 967 987 ルイ5世 987 フランス王国の成立 958 1025 パシレイオス2世 1020 1085 グレゴリウス7世 Tooltip

参考書籍

表紙 藤原道長「御堂関白記」 上 全現代語訳
著者 藤原道長/倉本一宏
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 2009年05月11日
価格 1,458円(税込)
rakuten
ISBN 9784062919470
『御堂関白記』は、平安時代中期いわゆる摂関政治の最盛期を築いた藤原道長の日記である。長徳元(九九五)年、三十歳で関白に准じる職・内覧に任じられたときから始まり、豪放磊落な筆致と独自の文体で描かれる宮廷政治と日常生活の様子。平安貴族が活動した世界とはどのようなものだったのか。自筆本・現写本・新写本などからの初めての現代語訳。
 
表紙 藤原道長「御堂関白記」 中 全現代語訳
著者 藤原道長/倉本一宏
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 2009年06月10日
価格 1,458円(税込)
rakuten
ISBN 9784062919487
藤原道長の『御堂関白記』は自筆本が現存する世界最古の日記である。一条朝から三条朝へと移る中、娘彰子に続いて妍子も中宮となり、更に増大する宮廷での権勢。本巻では寛弘六(一〇〇九)年以降、彰子の親王出産、天皇崩御などの出来事から長和二年までの様々な朝儀・公事、神事・仏事や饗宴の様子が詳細に綴られる。現代語で読む宮廷政治の世界。
 
表紙 藤原道長「御堂関白記」 下 全現代語訳
著者 藤原道長/倉本一宏
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 2009年07月13日
価格 1,458円(税込)
rakuten
ISBN 9784062919494
この世をばわが世とぞ思う望月の欠けたることもなしと思えばー。三女威子を後一条天皇の中宮に立て、ついに「一家三后」を実現した道長。宮廷での栄華が極まる一方で、その明るさに胸病・眼病が暗い影を落とし始める。政治から身を引き、極楽往生を願う晩年の日々。いまに残る日記の最終条は念仏「十七万遍」であった。政治権力者の日記、完結。
 
(この項おわり)
header