西暦1054年 - おうし座に超新星出現

かに星雲
超新星 SN1054
西暦 1006 年 7 月 4 日、おうし座に超新星 SN 1054 が出現する。明るさはマイナス 6等級で、金星(最大マイナス 4.7等級)より明るく、23 日間にわたって日中でも見えるほどに輝いたと記録されている。

1230 年(寛喜 2 年)、藤原定家が『明月記』に「客星」として紹介している。
SN 1054 の残骸は、かに星雲(メシエ 1)と呼ばれている。
1968 年(昭和 43 年)、アレシボ天文台の 300m電波望遠鏡を使い、M1 の中に脈動する電波源かに座パルサーが発見された。このパルサーバ 1秒間に 30 回転している。

この時代の世界

975 1025 1075 1125 1054 おうし座に超新星出現 1006 おおかみ座に超新星出現 1053 平等院鳳凰堂の建立 1000 彰子が中宮に 980 1011 一条天皇 978 1030 和泉式部 999 1019 敦康親王 994 1027 藤原妍子 1018 藤原道長の絶頂期 988 1074 藤原彰子 992 1074 藤原頼通 1000 1036 藤原威子 1008 1036 後一条天皇 1000 1057 安部頼時 1000 1062 藤原経清 988 1075 源頼義 1019 1062 安部貞任 1034 1073 後三条天皇 1051 1062 前九年の役 1039 1106 源義家 1083 1087 後三年の役 1086 院政のはじまり 1019 1086 司馬光 1021 1086 王安石 1070 王安石の改革 1048 1085 神宗 1010 「シャー・ナーメ」完成 990 1063 トゥグリル・ベク 1038 セルジューク朝の建国 1029 1072 アルプ・アルスラーン 1017 1092 ニザーム・アルムルク 1048 1122 ウマル・ハイヤーム 1096 十字軍遠征はじまる 1020 1085 グレゴリウス7世 1002 1054 レオ9世 1054 キリスト教会の東西分裂 1027 1087 ウィリアム1世 1066 ノルマン・コンクエスト 1042 1099 ウルバヌス2世 1077 カノッサの屈辱 1050 1106 ハインリヒ4世 1048 1118 アレクシオス1世コムネノス 1054 キリスト教会の東西分裂 1048 1118 アレクシオス1世コムネノス Tooltip
(この項おわり)
header