西暦1066年 - ノルマン・コンクエスト

ノルマン人によるイングランド支配
ノルマン・コンクエスト
1066 年、ノルマンディー公ウィリアム(ギヨーム)が、北フランスからイングランドへ攻め込みウェストミンスター寺院で戴冠すると、イングランド王ウィリアム 1 世を名乗りノルマン朝がはじまる。

ノルマン人はイングランド人と同様にゲルマン民族に属するので、ノルマン・コンクエストは比較的容易に進んだ。しかし、ノルマン朝はフランス北部(ノルマンディー地方)にも領土を持っていたため、その後の英仏関係に複雑な影響を及ぼし、百年戦争の遠因ともなっている。
なお、ノルマン・コンクエストの支配力はウェールズ、スコットランド、アイルランドにまでは及ばなかった。これらの地域はもともとゲルマン人の勢力下にはなく、ケルト人が支配していたということが大きい。

この時代の世界

975 1025 1075 1125 1175 1066 ノルマン・コンクエスト 1027 1087 ウィリアム1世 1020 1085 グレゴリウス7世 1042 1099 ウルバヌス2世 1077 カノッサの屈辱 1050 1106 ハインリヒ4世 1051 1062 前九年の役 1039 1106 源義家 1083 1087 後三年の役 1086 院政のはじまり 1053 1129 白河天皇 1056 1128 藤原清衡 1079 1107 堀河天皇 1000 1057 安部頼時 1000 1062 藤原経清 988 1075 源頼義 988 1074 藤原彰子 992 1074 藤原頼通 1019 1062 安部貞任 1034 1073 後三条天皇 1019 1086 司馬光 1021 1086 王安石 1048 1085 神宗 1070 王安石の改革 1038 セルジューク朝の建国 1018 1092 ニザーム・アルムルク 1048 1122 ウマル・ハイヤーム 1096 十字軍遠征はじまる Tooltip
(この項おわり)
header