西暦1156年 - 保元の乱

武士の台頭
保元・平治合戦図屏風
保元元年(1156 年)7 月、崇徳上皇 (すとくじょうこう) (第75 代天皇)と弟の後白河天皇 (ごしらかわてんのう) (第77 代天皇)との間に皇位継承に関する対立が起こった。これに藤原頼長 (ふじわらのよりなが) と兄の藤原忠通 (ふじわらのただみち) (摂政・関白)との家督争いが絡み、保元の乱 (ほうげんのらん) に発展する。

崇徳・頼長側は源為義 (みなもとのためよし) 平忠正 (たいらのただまさ) を、後白河・忠通側は源義朝 (みなもとのよしとも) 平清盛らの武士団を招じ入れ、京都における内乱に発展した。その結果、崇徳上皇方が敗北し、上皇は讃岐に流され、頼長は戦死した。

この乱を境に、源氏や平氏といった武家が台頭するようになる。
保元の乱 対立図
永治元年(1141 年)12 月 7 日、鳥羽法皇 (とばほうおう) (第74 代天皇)は崇徳天皇を退位させ、藤原得子(美福門院)との子を即位させた。近衛天皇 (このえてんのう) (第76 代天皇)である。
一方、摂関家の藤原忠通 (ふじわらのただざね) は男子に恵まれず、弟の藤原頼長 (ふじわらのよりなが) を養子に迎いいれた。ところが、1143 年(康治 2 年)、忠通に嫡男が生まれると、この養子縁組を破棄した。
二人の父、忠実 (ただざね) は関白の兄・忠通を嫌い、才能溢れた弟の頼長を偏愛しており、頼長を内覧に推挙する。
内覧となった頼長は旧儀復興・綱紀粛正に取り組んだが、その苛烈で妥協を知らない性格により悪左府 (あくさふ) と呼ばれ、貴族たちとの軋轢を生む。

久寿 2 年(1155 年)7 月 24 日、近衛天皇が崩御する。
美福門院と忠通は、崇徳上皇の院政を阻止するため、美福門院の養子・守仁親王を天皇として擁立するよう、鳥羽法皇にに奏上する。守仁親王は幼かったので、中継ぎとして雅仁親王が即位した。後白河天皇 (ごしらかわてんのう) (第77 代天皇)である。

保元元年(1156 年)7 月、鳥羽法皇が崩御する。鳥羽法皇の権威を借りて体制を固めつつあった美福門院・忠通側は焦り、崇徳上皇と頼長が謀反を起こしたという風聞を流し、後白河天皇の勅命・綸旨を出して一味を捕らえようとした。
崇徳上皇は辛うじて脱出し、7 月 10 日、頼長は挙兵・上洛する。
これに対して後白河・守仁陣営も、平清盛 (たいらのきよもり) をはじめとする武士を召集し、7 月 11 日、崇徳・頼長軍を迎え撃った。
正午ころには崇徳・頼長軍の敗北が確定的なものとなり、崇徳上皇は讃岐に配流され、頼長は合戦時に受けた傷のために死亡した。

後白河・守仁陣営は反対派の排除に成功したが、平清盛ら武家の台頭を許す結果にもなった。
また、摂関家に対する処分も厳しく、忠通は関白の地位こそ維持したものの、配下の武士とともに多くの荘園を失った。
1025 1075 1125 1175 1225 1156 保元の乱 1127 1192 後白河天皇 1119 1164 崇徳天皇 1139 1155 近衛天皇 1120 1156 藤原頼長 1097 1164 藤原忠通 1096 1156 源為義 1096 1153 平忠盛 1118 1181 平清盛 1123 1160 源義朝 1159 平治の乱 1106 1160 信西 1117 1160 美福門院 1133 1159 藤原信頼 1118 1190 西行 1122 1187 藤原秀衡 1143 1165 二条天皇 1142 1176 平滋子 1138 1179 平重盛 1167 音戸の瀬戸の開削 1154 1184 源義仲 1164 1176 六条天皇 1161 1181 高倉天皇 1155 1189 藤原泰衡 1147 1199 源頼朝 1133 1212 法然 1159 1189 源義経 1133 1215 北条時政 1141 1215 栄西 1179 治承三年の政変 1178 1185 安徳天皇 1152 1214 平徳子 1185 壇ノ浦の戦い 1192 源頼朝、征夷大将軍に任官 1086 院政のはじまり 1053 1129 白河天皇 1079 1107 堀河天皇 1103 1156 鳥羽天皇 1070 王安石の改革 1087 1143 耶律大石 1103 1142 岳飛 1127 南宋の建国 1130 1200 朱熹(朱子) 1096 十字軍遠征はじまる 1100 1124 ハサン・サッバーフ 1138 1193 サラーフ・アッディーン 1066 ノルマン・コンクエスト 1077 カノッサの屈辱 1086 1125 ハインリヒ5世 1125 1190 フリードリヒ1世 1157 1199 リチャード1世 1182 ノートルダム大聖堂の完成 1167 1216 ジョン 1215 大憲章(マグナ・カルタ) Tooltip
(この項おわり)
header