西暦1167年 - 音戸の瀬戸の開削

日宋貿易の航路をつくる
平清盛の日招像
音戸の瀬戸 (おんどのせと) は、広島県呉市と倉橋島(音戸町)の間の海峡で、幅わずか 90 メートル。
音戸の瀬戸は、もともとは水深が浅いため船が通れない船頭泣かせの場所だった。日宋貿易の航路として、平清盛が 1167 年に開削したといわれている。だが、竣工予定日になっても工事が終わらぬまま日が暮れようとしたので、清盛が夕日に向かって右手の金扇で招くと、太陽が戻ったという日招き伝説がある。

付近の地図

【バス】
  • 呉市営バス・昭和町経由・音戸の瀬戸方面「音戸渡船口」バス停下車、徒歩約 10 分
  • 呉市営バス・昭和町経由・見晴町行き「音戸大橋」バス停下車すぐ
音戸大橋が開通したのは昭和 36 年。瀬戸内海で初めて、本土と島に架けられた橋である。

橋を渡って最初の清盛塚バス停で下車すると、すぐ前の海上に清盛塚がある。平清盛の功績をたたえるため、元暦元年(1184 年)に建立されたものだ。

2012 年(平成 24 年)1 月、大河ドラマ「平清盛」の放送開始にあわせ、音戸にドラマ館がオープンした。

厳島神社

厳島神社
2011年8月25日 写真:こぱふぅ
12 世紀後半には、平清盛らにより寝殿造りの様式を海上に現出させるという発想のもと、現在の厳島神社が建設された。背後の急峻な山を御神体とし、遙拝所をその麓に設けるという、日本の社殿建築の一般的形態を体現している。1996 年(平成 8 年)には世界遺産に登録された。
1075 1125 1175 1225 1118 1181 平清盛 1167 音戸の瀬戸の開削 1179 治承三年の政変 1147 1199 源頼朝 1164 1176 六条天皇 1161 1181 高倉天皇 1152 1214 平徳子 1178 1185 安徳天皇 1185 壇ノ浦の戦い 1192 源頼朝、征夷大将軍に任官 1159 平治の乱 1127 1192 後白河天皇 1143 1165 二条天皇 1117 1160 美福門院 1133 1159 藤原信頼 1123 1160 源義朝 1106 1160 信西 1156 保元の乱 1119 1164 崇徳天皇 1139 1155 近衛天皇 1120 1156 藤原頼長 1097 1164 藤原忠通 1096 1156 源為義 1096 1153 平忠盛 1118 1190 西行 1122 1187 藤原秀衡 1142 1176 平滋子 1138 1179 平重盛 1154 1184 源義仲 1155 1189 藤原泰衡 1133 1212 法然 1159 1189 源義経 1133 1215 北条時政 1141 1215 栄西 1087 1143 耶律大石 1103 1142 岳飛 1127 南宋の建国 1130 1200 朱熹(朱子) 1096 十字軍遠征はじまる 1100 1124 ハサン・サッバーフ 1138 1193 サラーフ・アッディーン 1086 1125 ハインリヒ5世 1125 1190 フリードリヒ1世 1157 1199 リチャード1世 1182 ノートルダム大聖堂の完成 1167 1216 ジョン 1215 大憲章(マグナ・カルタ) Tooltip

平清盛の足跡

参考サイト

参考書籍

表紙 平家物語 (岩波文庫 全4冊セット)
著者 梶原正昭/山下宏明
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 2000年07月
価格 4,017円(税込)
rakuten
ISBN 9784002010755
 
表紙 平清盛 前編
著者
出版社 NHK出版
サイズ ムックその他
発売日 2011年12月
価格 1,131円(税込)
rakuten
ISBN 9784149233598
 
(この項おわり)
header