西暦1181年 - ジャヤーヴァルマン7世が即位

クメール朝の最盛期
ジャヤーヴァルマン7世
ジャヤーヴァルマン 7 世は、チャンパ王国によって占領されていたカンボジア・クメール王朝の首都アンコール・トムを解放し、1181 年に即位する。

即位後、チャンパの破壊で荒廃した首都の再建に取り掛かった。再度のチャンパ王国の襲来に備えて防衛に重点が置かれ、新たに建設された首都アンコール・トムには高さ約 8 メートルの城壁と幅約 100 メートルの外濠が設けられた。
1190 年に再度カンボジアに侵入したチャンパを撃退し、逆にチャンパ王国の首都ヴィジャヤを占領する。
ジャヤーヴァルマン 7 世は内政にも手腕を発揮し、クメール王朝の最盛期をもたらした。
やがて仏教に傾倒するあまり、民衆に寺院造築のための重税を課し恨まれることになる。

1218 年、クメールは南宋の朝廷に使節を派遣するが、ジャヤーヴァルマン 7 世は死没し、クメール王朝の衰退が始まる。
西部に居住するタイ人の台頭によってアンコールを中心とした水陸のネットワークは崩壊する。
1075 1125 1175 1225 1275 1181 ジャヤーヴァルマン7世が即位 1181 1218 ジャヤーヴァルマン7世 1127 南宋の建国 1130 1200 朱熹(朱子) 1206 モンゴル帝国の成立 1167 1227 チンギス・ハン 1190 1244 耶律楚材 1118 1181 平清盛 1167 音戸の瀬戸の開削 1179 治承三年の政変 1147 1199 源頼朝 1164 1176 六条天皇 1161 1181 高倉天皇 1152 1214 平徳子 1178 1185 安徳天皇 1185 壇ノ浦の戦い 1192 源頼朝、征夷大将軍に任官 1159 平治の乱 1127 1192 後白河天皇 1143 1165 二条天皇 1117 1160 美福門院 1133 1159 藤原信頼 1123 1160 源義朝 1106 1160 信西 1156 保元の乱 1119 1164 崇徳天皇 1139 1155 近衛天皇 1120 1156 藤原頼長 1097 1164 藤原忠通 1096 1156 源為義 1096 1153 平忠盛 1118 1190 西行 1122 1187 藤原秀衡 1142 1176 平滋子 1138 1179 平重盛 1154 1184 源義仲 1155 1189 藤原泰衡 1133 1212 法然 1159 1189 源義経 1133 1215 北条時政 1141 1215 栄西 1087 1143 耶律大石 1103 1142 岳飛 1127 南宋の建国 1130 1200 朱熹(朱子) 1096 十字軍遠征はじまる 1100 1124 ハサン・サッバーフ 1138 1193 サラーフ・アッディーン 1086 1125 ハインリヒ5世 1125 1190 フリードリヒ1世 1157 1199 リチャード1世 1182 ノートルダム大聖堂の完成 1167 1216 ジョン 1215 大憲章(マグナ・カルタ) Tooltip
(この項おわり)
header