西暦1243年 - キプチャク汗国の成立

トルコ系民族と混じる
『集史』パリ本、ジョチ・ハン紀のバトゥの条より
『集史』パリ本、ジョチ・ハン紀のバトゥの条より
チンギス・ハンは長氏ジュチに、アルタイ山脈の領土「ジュチ=ウルス」を与えた。ジュチの子バトゥは、キエフ公国を滅ぼし、南ロシアから中央アジアに及ぶ広大な領土を支配した。
1243 年、ボルガ川下流のサライを都としてキプチャク汗国が成立する。
キプチャクとはモンゴルの侵入以前からカスピ海北岸から南ロシア、カザフスタンの草原地帯で遊牧生活を送っていたトルコ系の民族名で、モンゴル人がそれに同化したために、一般にこの国をキプチャク汗国という。キプチャク=ハン国、金張汗国ともいうが、正式名称はジュチ=ウルスである。

ジュチの征西

1242 年、モンゴル帝国第2 代ハン、オゴタイ・ハン死去の知らせを受け、バトゥは東ヨーロッパから引き揚げた。
だが、バトゥはモンゴルに戻らず、ヴォルガ川下流の草原地帯に腰を据えて動かなかった。バトゥは父ジュチから引き継いだジュチ=ウルスを維持する道を選んだ。東側にジュチの長男オルダが納めるオルダ=ウルス、西側の広大なキプチャク草原にバトゥ自身の治めるバトゥ・ウルス、その中間にはジョチのその他の子に与えるという広大なジュチ=ウルスをつくりあげた。ロシアとカフカズの北嶺一帯は属領とした。

イスラーム化

14 世紀後半、ウズベク・ハンの治世に全盛期となる。公式にイスラーム化し、都をボルガ上流の新サライに移した。
しかし、1359 年にバトゥの血統が途絶え、14 世紀後半にティムール帝国の進出に対しトクタミシュが抵抗したが、その後国家的統合は失われていった。

滅亡

ロシアは 1237 年以来、キプチャク汗国の支配を受け、タタールのくびきとして嘆かれていたが、1480 年にモスクワ大公国のイヴァン 3 世が独立を達成し、大国化への道を歩み始めた。
1502 年、キプチャク汗国は滅亡した。その領域では、モスクワ大公国とクリム汗国が有力となっていく。
1125 1175 1225 1275 1325 1243 キプチャク汗国の成立 1207 1255 バトゥ 1177 1225 ジョチ 1186 1241 オゴタイ 1206 モンゴル帝国の成立 1167 1227 チンギス・ハン 1260 イル汗国の成立 1218 1265 フラグ 1209 1259 モンケ 1200 1250 トゥーラーン・シャー 1234 1282 アバカ 1223 1277 バイバルス 1250 マンスーラの戦い 1215 1294 フビライ 1271 元の建国 1254 1324 マルコ・ポーロ 1239 1299 ラームカムヘーン 1279 ラームカムヘーンが即位 1215 大憲章(マグナ・カルタ) 1214 1270 ルイ9世 1225 1274 トマス・アキナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン 1181 1252 プラノ・カルピニ 1194 1250 フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝) 1227 1263 北条時頼 1222 1282 日蓮 1239 1289 一遍 1251 1284 北条時宗 1274 文永の役 1281 弘安の役 1180 1239 後鳥羽天皇 1200 1219 公暁 1183 1242 北条泰時 1173 1262 親鸞 1219 源実朝の暗殺 1221 承久の乱 1200 1253 道元 Tooltip
(この項おわり)
header