西暦1271年 - 元の建国

モンゴル人による中国統一
フビライ
モンゴル帝国はチンギス・ハンの遺志にしたがって、三人の息子に分封された――大ハン国、オゴタイ・ハン国、チャガタイ・ハン国である。
チンギス・ハンの孫のフビライが第5 代皇帝に就く頃には、継承権をめぐるハン国同士の内紛が激しくなり、フビライが支配する宗家から完全に独立する。

1271 年、フビライは首都をカラコルムから大都 (だいと) (現在の北京)に移し、国号も中国風に (げん) とあらためた。
1279 年、フビライは南宋を滅ぼし中国を統一する。
また、1274 年の文永の役1281 年の弘安の役の二度にわたり日本へ遠征するが、いずれも失敗する。

フビライは、1275 年に来訪したイタリアの商人マルコ・ポーロを気に入り、国内の使節に起用するなど 20 年以上にわたり元に滞在させた。イタリアに帰国後、マルコ・ポーロは「東方見聞録」を出版することになる。

このころ、陸海に交通網がはりめぐらされて、ユーラシアははじめてひとつの世界となった。
東西の時間的距離が狭まり、外交が密になって、政治経済が相互に影響するようになる。
マルコ・ポーロ以外にもカルピニ、ソーマなど、広く世界を旅する人物も現れた。この状況をパクス・モンゴリカという。

この時代の世界

1175 1200 1225 1250 1275 1300 1325 1350 1271 元の建国 1215 1294 フビライ 1254 1324 マルコ・ポーロ 1206 モンゴル帝国の成立 1241 ワールシュタットの戦い 1239 1299 ラームカムヘーン 1279 ラームカムヘーンが即位 1250 マンスーラの戦い 1223 1277 バイバルス 1214 1270 ルイ9世 1225 1274 トマス・アキナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン 1222 1282 日蓮 1239 1289 一遍 1251 1284 北条時宗 1274 文永の役 1281 弘安の役 Tooltip
(この項おわり)
header