西暦1279年 - ラームカムヘーンが即位

タイ・スコータイ王朝の最盛期
ラームカムヘーン
タイ・スコータイ王朝の建国者シー・インタラーティットの第三子として生まれたラームカムヘーンは、兄バーンムアンの在位中は副王の地位に就き、1279 年にバーンムアンが没すると即位した。

ラームカムヘーンは国民全体の生活に気を配り、国民は民族に関係無く利益を享受したという。
また、マレー半島やカンボジアに領土を広げ、スコータイ朝の最盛期を現出させた。
タイ文字を制定するなど、文化面の功績も大きい。
タイ史上最高の王(タイ三大王)の 1 人に数えられ、大王(マハーラート)の尊称で呼ばれる
1200 1225 1250 1275 1300 1325 1350 1279 ラームカムヘーンが即位 1239 1299 ラームカムヘーン 1274 文永の役 1281 弘安の役 1251 1284 北条時宗 1222 1282 日蓮 1239 1289 一遍 1271 元の建国 1215 1294 フビライ 1254 1324 マルコ・ポーロ 1241 ワールシュタットの戦い 1250 マンスーラの戦い 1223 1277 バイバルス 1214 1270 ルイ9世 1225 1274 トマス・アキナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン Tooltip
(この項おわり)
header