西暦1309年 - 教皇のアヴィニョン捕囚

ローマ教皇はフランス王の言いなり
アヴィニョン教皇庁
アヴィニョン教皇庁
1309 年、イタリアから南フランスのアヴィニョンに移された教皇庁に、ローマ教皇クレメンス 5 世が入る。この直後、神聖ローマ皇帝ハインリヒ 7 世がイタリアに侵攻し、教皇はイタリアへ帰国できなくなる。

1377 年に教皇グレゴリウス 11 世がイタリアへ戻るまで、7 人の教皇がアヴィニョンで暮らすことになる。これを教皇のアヴィニョン捕囚、または古代のバビロン捕囚になぞらえて教皇のバビロン捕囚と呼ぶ。
200 年前にはじまった十字軍遠征は失敗。1291 年にはエルサレム王国の首都アッコンが陥落し、十字軍国家は全滅したことで、ローマ教皇の権威は揺らいでいた。そんななか、1294 年に即位したボニファティウス 8 世は、教皇至上主義を唱えた。
一方、王権の拡大を目論むフランス王フィリップ 4 世はボニファティウス 8 世と対立を深め、1303 年、フランス軍がアナーニの別荘にいた教皇を襲撃するというアナーニ事件が起きる。
ボニファティウス 8 世はその直後に憤死する。これ以降、ローマ教皇はフランス王の言いなりとなっていった。

フィリップ 4 世の要請を受け、教皇庁は南フランスのアヴィニョンに移され、1309 年に教皇クレメンス 5 世がイタリアから移動した。
教皇庁がアナーニ事件の事後処理のためのヴィエンヌ公会議の準備に手間取る間に、フランス王の封建家臣である神聖ローマ皇帝ハインリヒ 7 世がイタリアに侵攻し、クレメンス 5 世はイタリアへの帰国ができなくなる。
1377 年に教皇グレゴリウス 11 世がイタリアへ戻るまで、教皇のアヴィニョン捕囚が続くことになる。

アヴィニョンから帰還したグレゴリウス 11 世は、翌1378 年に死去。教皇選挙が行われ、イタリア人のウルバヌス 6 世が選出されるが、フランス人枢機卿らが異を唱え、クレマンス 7 世を対立教皇として支持し、ローマ教会の大分裂(シスマ)がはじまる。

アヴィニョンの位置

1225 1275 1325 1375 1425 1475 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1303 アナーニ事件 1268 1314 フィリップ4世 1235? 1303 ボニファティウス8世 1275 1313 ハインリヒ7世 1264 1314 クレメンス5世 1336 1378 グレゴリウス11世 1378 1417 ローマ教会の大分裂(シスマ) 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1339 1453 百年戦争 1293 1350 フィリップ6世 1312 1377 エドワード3世 1356 カール4世の金印勅書 1316 1378 カール4世 1318 1389 ウルバヌス6世 1338 1380 シャルル5世 1342 1394 クレメンス7世 1313 1375 ボッカチオ 1304 1374 ペトラルカ 1340 1400 チョーサー 1274 文永の役 1281 弘安の役 1288 1339 後醍醐天皇 1294 1336 楠木正成 1303 1333 北条高時 1301 1338 新田義貞 1308 1335 護良親王 1297 1348 花園天皇 1305 1358 足利尊氏 1306 1352 足利直義 1333 鎌倉幕府滅亡 1313 1364 光厳天皇 1338 足利尊氏、征夷大将軍に任官 1330 1367 足利義詮 1321 1380 光明天皇 1336 1392 南北朝時代 1381 花の御所の完成 1358 1408 足利義満 1397 金閣建立 1328 1398 朱元璋→洪武帝 1368 明の建国 1335 1408 李成桂 1377 1402 建文帝 1392 李成桂が即位 1304 1368 イブン・バトゥータ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1336 1405 ティムール 1370 ティムール帝国の成立 1360 1403 バヤズィト1世 1402 アンカラの戦い Tooltip
(この項おわり)
header