西暦1325年 - アステカの首都テノチティトラン建設

最盛期の人口は約30万人
テノチティトラン
アステカ人はウィツィロポチトリの神託に従い、テスココ湖を干拓し、2 つの島の上にテノチティトラン(Tenochtitlan)を築いた。1521 年、スペイン人のコルテスによって滅ぼされるまで、アステカ帝国の首都だった。
現在のメキシコ市はテノチティトランの上に建築されており、市の中心のソカロ(憲法広場)はテノチティトランの広場だったところ。現在の建物の地下にはアステカ王国時代の建物の遺構が横たわっている。
この巨大な「湖上都市」は、大神殿・宮殿・貴族の邸宅のある区画を中心として東西南北が 4 つの街区(バリオ)に整然と区分されており、町の住居は水路に面していて、どの家もカヌーを持ち、水路が利用されていた。
1375 年、アカマピチトリが国王に即位し、アステカ帝国が誕生する。

アステカ帝国の発展に伴って、テノチティトランはメソアメリカで最大の都市となった。テノチティトランの交易圏は、メキシコ湾沿岸、太平洋沿岸、またおそらくはインカ帝国まで及んだ。

面積は 13km2ほどで、最盛期の人口は 20~30 万いたと推定されている。コルテスが征服した当時、ヨーロッパで 10 万を超える都市はパリ、ナポリ、ヴェネツィア、ミラノしかなかった。

この時代の世界

1225 1275 1325 1375 1425 1325 アステカの首都テノチティトラン建設 1324 マンサ・ムーサのメッカ巡礼 1312 1337 マンサ・ムーサ 1304 1368 イブン・バトゥータ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1336 1405 ティムール 1370 ティムール帝国の成立 1299 オスマン帝国建国 1304 1335 アブー・サイード 1328 1398 朱元璋→洪武帝 1368 明の建国 1335 1408 李成桂 1321 ダンテ『神曲』完成 1265 1321 ダンテ 1313 1375 ボッカチオ 1304 1374 ペトラルカ 1254 1324 マルコ・ポーロ 1298 「東方見聞録」出版 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1303 アナーニ事件 1268 1314 フィリップ4世 1275 1313 ハインリヒ7世 1264 1314 クレメンス5世 1336 1378 グレゴリウス11世 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1293 1350 フィリップ6世 1312 1377 エドワード3世 1356 カール4世の金印勅書 1316 1378 カール4世 1288 1339 後醍醐天皇 1294 1336 楠木正成 1303 1333 北条高時 1301 1338 新田義貞 1308 1335 護良親王 1297 1348 花園天皇 1305 1358 足利尊氏 1306 1352 足利直義 1333 鎌倉幕府滅亡 1313 1364 光厳天皇 1338 足利尊氏、征夷大将軍に任官 1330 1367 足利義詮 1321 1380 光明天皇 1336 1392 南北朝時代 Tooltip
(この項おわり)
header