西暦1356年 - カール4世の金印勅書

ドイツの分裂が決定的に
カール4世の金印
歴代の神聖ローマ皇帝は、イタリア経営に重きを置き、ドイツを軽視していた。
とくに神聖ローマ皇帝フリードリヒ 2 世は帝国支配の拠点をイタリアに置き、このためドイツは 300 以上の国家に分裂してしまった。1256 年から 73 年まで、皇帝が実質上不在となる大空位時代となる。

1356 年、神聖ローマ皇帝カール 4 世金印勅書 (きんいんちょくしょ) を発布し、7 人の選帝侯を決める皇帝選挙制度を確立した。これにより、ドイツの分裂は決定的なものとなる。

この時代の世界

1275 1325 1375 1425 1475 1356 カール4世の金印勅書 1316 1378 カール4世 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1312 1377 エドワード3世 1313 1375 ボッカチオ 1318 1389 ウルバヌス6世 1336 1378 グレゴリウス11世 1338 1380 シャルル5世 1342 1394 クレメンス7世 1340 1400 チョーサー 1339 1453 百年戦争 1378 1417 ローマ教会の大分裂(シスマ) 1333 鎌倉幕府滅亡 1338 足利尊氏、征夷大将軍に任官 1330 1367 足利義詮 1336 1392 南北朝時代 1381 花の御所の完成 1358 1408 足利義満 1347 1424 後亀山天皇 1397 金閣建立 1328 1398 朱元璋→洪武帝 1368 明の建国 1335 1408 李成桂 1392 李成桂が即位 1304 1368 イブン・バトゥータ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1336 1405 ティムール 1370 ティムール帝国の成立 Tooltip
(この項おわり)
header