西暦1381年 - 花の御所の完成

足利将軍家の邸宅
花の御所
室町幕府を開いた足利尊氏 (あしかがたかうじ) は北朝を後見するため二条高倉に、2 代将軍の足利義詮 (あしかがよしあき) は三条坊門に住んでいた。
3 代将軍となった足利義満 (あしかがよしみつ) は、1378 年、北小路室町の崇光上皇の御所跡と今出川公直の邸宅である菊亭の焼失跡地を併せた敷地に足利家の邸宅の造営をはじめた。
1381 年に完成すると、それまでの三条坊門第から移住する。
庭内には鴨川から水を引き、各地の守護大名から献上された四季折々の花木を配置したと伝わり、「花の御所」と呼ばれた。敷地だけでも御所の 2 倍にも及んだといわれている。

室町通に面して正門が設けられたことから、室町殿、室町第とも呼ばれた。これにちなんで、足利将軍のことを「室町殿 (むろまちどの) 」、足利幕府のことを室町幕府と称する。

1394 年に将軍職を息子の足利義持に譲ると、義満はここから新築した北山第(金閣)へ移り住む。。
花の御所は、8 代将軍の足利義政の頃に応仁の乱の戦火で焼失してしまう。その後も何度か再建が繰り返されたが、13 代将軍の足利義輝 (あしかがよしてる) が 1559 年に二条御所を造営・移転したために廃止された。

この時代の世界

1275 1325 1375 1425 1475 1381 花の御所の完成 1358 1408 足利義満 1347 1424 後亀山天皇 1397 金閣建立 1378 1417 ローマ教会の大分裂(シスマ) 1336 1378 グレゴリウス11世 1318 1389 ウルバヌス6世 1342 1394 クレメンス7世 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1356 カール4世の金印勅書 1316 1378 カール4世 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1312 1377 エドワード3世 1313 1375 ボッカチオ 1338 1380 シャルル5世 1340 1400 チョーサー 1339 1453 百年戦争 1370 ティムール帝国の成立 1336 1405 ティムール 1304 1368 イブン・バトゥータ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1368 明の建国 1328 1398 朱元璋→洪武帝 1335 1408 李成桂 1392 李成桂が即位 Tooltip
(この項おわり)
header