西暦1396年 - ニコポリスの戦い

オスマン帝国によるバルカン進出
ニコポリスの戦い、ジャン・フロワサール(1398年)
ニコポリスの戦い、ジャン・フロワサール(1398 年)
1299 年、ルーム・セルジューク朝の衰退による群雄割拠の中で台頭したトルコ人のオスマン・ベイ(オスマン 1 世)が独立した。
オスマン帝国は、14 世紀中盤にはバルカン半島に進出し、1389 年、コソヴォの戦いでバルカン諸国連合軍を破り、キリスト教圏への脅威となった。
1396 年、ドナウ中流のニコポリスで、バヤジット 1 世がイェニチェリ軍団とシパーヒー(騎兵)部隊を従え、ハンガリー王ジギスムントの率いるキリスト教軍に大勝し、バルカン支配を確実にした(ニコポリスの戦い)。
このとき、バヤジット 1 世は、アッバース朝のカリフからスルタンの称号を贈られた。オスマン帝国はスンナ派を保護する宗教国家となった。

しかし、1402 年、アンカラの戦いでティムールに敗れ、バルカン侵攻を一時後退させることとなった。
オスマン帝国は体勢を立て直し、1453 年、メフメト 2 世がコンスタンティノープルを占領し、395 年年から続いた東ローマ帝国を滅ぼす
1325 1375 1425 1475 1525 1396 ニコポリスの戦い 1360 1403 バヤズィト1世 1402 アンカラの戦い 1370 ティムール帝国の成立 1336 1405 ティムール 1377 1447 シャー・ルフ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1405 1453 コンスタンティノス11世 1453 東ローマ帝国滅亡 1397 金閣建立 1358 1408 足利義満 1381 花の御所の完成 1428 正長の土一揆 1429 琉球国の統一 1347 1424 後亀山天皇 1377 1433 後小松天皇 1411 1463 日野重子 1394 1481 一休 1404 1473 山名宗全 1419 1470 後花園天皇 1392 李成桂が即位 1378 1425 洪熙帝 1371 1434 鄭和 1399 1435 宣徳帝 1378 1417 ローマ教会の大分裂(シスマ) 1368 1431 マルティヌス5世 1339 1453 百年戦争 1431 ジャンヌ・ダルクの処刑 1412 1431 ジャンヌ・ダルク 1389 1464 コジモ・デ・メディチ 1397 1455 ニコラウス5世 1394 1460 エンリケ航海王子 1403 1461 シャルル7世 Tooltip
(この項おわり)
header