西暦1453年 - 東ローマ帝国の滅亡

イタリア諸都市の没落
コンスタンティノープル包囲戦
1453 年、オスマン帝国メフメト 2 世は 10 万の兵を率いてコンスタンティノープル(現在のイスタンブール)を占領し、西暦 395 年から続いた東ローマ帝国を滅ぼす。
かつてユスティニアヌス帝が「これでソロモンの栄華をしのいだ」と豪語した聖ソフィア大聖堂は、陥落と同時にモスクに変えられてしまった。
以後イスラーム世界の君主や統治者たちは、トルコのスルタンに送る公式文書に「カイサル・イ・ルーム」すなわち「ローマ皇帝」と記すようになる。実際、オスマン帝国は東ローマの帝国奇行の相当部分を受け継いでいた。

その結果、コンスタンティノープルを経由する地中海貿易で栄えていたジェノヴァやヴェネツィアなどの都市国家の権益がオスマン帝国に奪われ、これらの都市は凋落し、スペインやポルトガルによる大航海時代へと移行する。
また、聖地を奪われた教皇の権威が失墜し、宗教改革の引き金となる。

東ローマ皇帝コンスタンティヌス 11 世は西ヨーロッパ諸国やローマ教皇ニコラウス 5 世に救援を求めたが、援軍を送ったのはコンスタンティノープルを重要な商業拠点とするヴェネツィアとジェノヴァだけだった。

オスマン軍は、海からもコンスタンティノーブルを包囲すべく艦隊を建造したが、東ローマ帝国が金角湾の入り口に東ローマ帝国側が渡した太い鎖を渡したため、その中に入ることができなかった。
そこで、金角湾の北側の陸地に油を塗った木の道を造り、それを使って陸を越え、70隻もの船を金角湾に移す作戦に出た。「オスマン艦隊の山越え」と呼ばれるこの奇策は成功し、これによりジェノヴァ船による援助物資の供給は阻止され、東ローマ帝国軍の士気をくじくことになった。

オスマン帝国は、攻略したコンスタンティノープルを都イスタンブールとして華麗に蘇らせ、イスラーム世界に君臨することになる。

ちなみに、オスマン帝国と国境を接していたワラキア公国(現在のルーマニアの一部)の君主ブラド・ツェペシュ(ブラド 3 世)は、オスマン帝国の侵入から国土を守る戦いを続け、とくに 1462 年の戦いでは 2 万人のトルコ兵を串刺しにしたという。このことから、後年、吸血鬼ドラキュラのモデルとされる。

この時代の世界

1325 1375 1425 1475 1525 1453 東ローマ帝国滅亡 1405 1453 コンスタンティノス11世 1431 1476 ブラド3世 1432 1481 メフメト2世 1492 グラナダ陥落 1451 1504 イサベル1世 1452 1516 フェルナンド2世 1339 1453 百年戦争 1431 ジャンヌ・ダルクの処刑 1412 1431 ジャンヌ・ダルク 1389 1464 コジモ・デ・メディチ 1397 1455 ニコラウス5世 1394 1460 エンリケ航海王子 1403 1461 シャルル7世 1398 1468 グーテンベルク 1432 1492 インノケンティウス8世 1431 1503 ロドリーゴ・ボルジア 1449 1492 ロレンツォ・デ・メディチ 1439 1503 ピウス3世 1455 1495 ジョアン2世 1450 1500 バーソロミュー・ディアス 1444 1510 ボッティチェリ 1478 パッツィ家の陰謀 1486 「魔女の鉄槌」の出版 1492 大西洋航路の発見 1488 喜望峰の発見 1440 1505 イヴァン3世 1480 モスクワ大公国の独立 1377 1447 シャー・ルフ 1428 正長の土一揆 1429 琉球国の統一 1411 1463 日野重子 1394 1481 一休 1404 1473 山名宗全 1419 1470 後花園天皇 1430 1473 細川勝元 1415 1499 蓮如 1432 1486 太田道灌 1420 1506 雪舟 1483 銀閣建立 1435 1490 足利義政 1440 1496 日野富子 1441 1499 山名政豊 1442 1500 後土御門天皇 1467 1477 応仁の乱 1432 1519 北条早雲 1488 加賀の一向一揆 Tooltip

コンスタンティノープル付近の地図

参考書籍

表紙 ドラキュラ誕生
著者 仁賀克雄
出版社 講談社
サイズ 新書
発売日 1995年09月
価格 681円(税込)
rakuten
ISBN 9784061492691
世紀末の大英帝国に誕生して以来百年、世界中の人々に恐れられ、かつ愛されつづけてきた不滅のモンスター「吸血鬼ドラキュラ」。その魅力のすべてがこの一冊に。
 
(この項おわり)
header