西暦1455年 - グーテンベルク聖書の印刷

儲かったのは教会向けの贖宥状の印刷
グーテンベルク聖書
1455 年 2 月 23 日、ドイツのヨハネス・グーテンベルクが活版印刷技術を用いて聖書の印刷に着手する。西洋初の印刷聖書である。

ほとんどのページが 42行組みであることから、「四十二行聖書」とも呼ばれる。
貴族の子で腕利きの金細工職人であったグーテンベルクは、1440 年、シュトラースブルクで印刷術を完成させたと言われている。1448 年、マインツに戻ると義理の兄から借金しており、印刷機などの機器をそろえる資金にしたと見られる。
1450 年までには印刷所の運営を開始しており、最初に印刷したのはドイツ語の詩と見られている。

グーテンベルクがいつ聖書の印刷を企図したのかは不明だが、1454 年頃から印刷をはじめた教会向けの贖宥状 (しょくゆうじょう) の印刷の利益が上がっていたことが背景にあるとみられている。
グーテンベルク聖書は、初め羊皮紙に 45部印刷されたといわれる。羊皮紙版のうち、現存するものは完全なものが 4部と不完全なものが 8部の合計12部である。
次に紙に 135部印刷されたと考えられているが、紙版は完全なものが 17部、不完全なものが 19部現存している。

この時代の世界

1325 1375 1425 1475 1525 1455 グーテンベルク聖書の印刷 1398 1468 グーテンベルク 1339 1453 百年戦争 1431 ジャンヌ・ダルクの処刑 1412 1431 ジャンヌ・ダルク 1389 1464 コジモ・デ・メディチ 1397 1455 ニコラウス5世 1394 1460 エンリケ航海王子 1403 1461 シャルル7世 1432 1492 インノケンティウス8世 1431 1503 ロドリーゴ・ボルジア 1449 1492 ロレンツォ・デ・メディチ 1439 1503 ピウス3世 1455 1495 ジョアン2世 1450 1500 バーソロミュー・ディアス 1444 1510 ボッティチェリ 1478 パッツィ家の陰謀 1486 「魔女の鉄槌」の出版 1492 グラナダ陥落 1492 大西洋航路の発見 1488 喜望峰の発見 1453 東ローマ帝国滅亡 1405 1453 コンスタンティノス11世 1431 1476 ブラド3世 1440 1505 イヴァン3世 1480 モスクワ大公国の独立 1377 1447 シャー・ルフ 1432 1481 メフメト2世 1464 1520 セリム1世 1428 正長の土一揆 1429 琉球国の統一 1411 1463 日野重子 1394 1481 一休 1404 1473 山名宗全 1419 1470 後花園天皇 1430 1473 細川勝元 1415 1499 蓮如 1432 1486 太田道灌 1420 1506 雪舟 1483 銀閣建立 1435 1490 足利義政 1440 1496 日野富子 1441 1499 山名政豊 1442 1500 後土御門天皇 1467 1477 応仁の乱 1432 1519 北条早雲 1488 加賀の一向一揆 1492 大西洋航路の発見 1488 喜望峰の発見 Tooltip
(この項おわり)
header