西暦1492年 - 大西洋航路の発見

コロンブスによる新大陸発見
サンタ・マリア号(復元)
イタリア生まれの冒険家コロンブスは、トスカネリの地球球体説を信じ、西回りで行けば東回りの約半分の距離でアジアに到達できると信じていた。

スペインのカスティリーア王国のイザベル女王とアラゴン王国のフェルナンド王の支援を取り付けたコロンブスは、1492 年 8 月、サンタ・マリア号を期間とする 3隻の艦隊で大西洋に船出する。70 余日の困難な航海の末、コロンブス一行はバハマ諸島のグワナハニ島に至り、サンサルバドル島と命名する。その後、ハイチのエスパニョーラ島に到達するが、コロンブスはこの島を日本と考えた。
コロンブスは、1502 年の 4 回目の航海の際にアメリカ大陸に達する。同時代の探検家アメリゴ・ヴェスプッチは、それが新大陸であると主張するが、コロンブスは生涯にわたりアジア大陸であると信じていた。
これは、コロンブスがプトレマイオスの世界地図を信じていたためである。

紀元前 3 世紀の古代ギリシアの科学者エラトステネスは、地球の 1 周が 4 万 6 千キロと考えていた(実際は約 4 万キロ)。ところがこの数字は大きすぎて、当時の人々には想像もつかなかった。
それから 400 年後、プトレマイオスは地球の 1 周が 2 万 9 千キロ程度とする地図を描いた。
コロンブスの時代、喜望峰経由でアジアに到着するには 2 万キロを航海していた。このためコロンブスは、西回りの航路であれば 9 千キロ程度でアジアに到達すると信じていた。

コロンブスがアメリカ大陸を発見したと言われることが多いが、1 万年以上前にモンゴロイドが新大陸に移住しているし、中世期にヴァイキングが北米に到達していたという可能性も指摘されている。したがって、コロンブスの業績としては、大西洋航路の発見とした方が無難である。

ヨーロッパが海外に目を向けたのは、オスマン帝国に圧迫されていたからである。
セリム 1 世がエジプ卜を征服した後、スレイマンのもとで最盛期を迎えたイスラームの雄は、地中海の制海権を握り、ウィーンに迫った。
ハプスブルク家は何とかこれを撃退したが、オスマン帝国とその同盟国フランスに挟撃されて、苦境に立たされる。

この時代の世界

1375 1425 1475 1525 1575 1492 大西洋航路の発見 1451 1506 コロンブス 1454 1512 アメリゴ・ヴェスプッチ 1492 グラナダ陥落 1488 喜望峰の発見 1450 1500 バーソロミュー・ディアス 1494 トルデシリャス条約 1486 「魔女の鉄槌」の出版 1478 パッツィ家の陰謀 1449 1492 ロレンツォ・デ・メディチ 1444 1510 ボッティチェリ 1432 1492 インノケンティウス8世 1431 1503 ロドリーゴ・ボルジア 1439 1503 ピウス3世 1455 1495 ジョアン2世 1443 1513 ユリウス2世 1488 加賀の一向一揆 1415 1499 蓮如 1483 銀閣建立 1435 1490 足利義政 1440 1496 日野富子 1467 1477 応仁の乱 1404 1473 山名宗全 1430 1473 細川勝元 1419 1470 後花園天皇 1394 1481 一休 1432 1486 太田道灌 1420 1506 雪舟 1441 1499 山名政豊 1442 1500 後土御門天皇 1432 1519 北条早雲 1472 1528 王守仁 1480 モスクワ大公国の独立 1440 1505 イヴァン3世 1483 1530 バーブル 1453 東ローマ帝国滅亡 1432 1481 メフメト2世 1464 1520 セリム1世 1517 マムルーク朝の滅亡 Tooltip
(この項おわり)
header