西暦1517年 - 95ヶ条の論題

宗教改革はじまる
マルティン・ルター
メディチ家出身で派手好きの教皇レオ 10 世(ジョヴァンニ・デ・メディチ)は、サン・ピエトロ大聖堂を改築する資金集めのために、それを買えば善行を積んだことになるという贖宥状 (しょくゆうじょう) (免罪符)を発売した。

ドイツの神学者のマルティン・ルターはこのやり方に反対し、1517 年 10 月 31 日、ヴィッテンベルク協会の門扉に贖宥状の無効性を訴えた「95 ヶ条の論題」を張り出す。ルターの主張は、信仰によってのみ人間は救済されるという内容である。
当初、教皇側は穏便に事態を収束させようと考えていたが、ルターの主張は多くの民衆の支持を得て、ついに教皇権までを否定するようになる。
1520 年 12 月、レオ 10 世はルターに自説の撤回を呼びかけるが、ルターはこれを拒絶し、翌1521 年 1 月 3 日に破門される。
カトリック教会から破門されたルターは、ザクセン公フリードリヒのワルトブルグ城にかくまわれる。ここでルターは聖書をドイツ語に翻訳し、聖書によりどころを求める新しいキリスト教(プロテスタント)を創始した。
当時のカトリック世界は、ボルジア家やメディチ家に代表されるように、東方貿易で巨万の富を手に入れ、強引な重商主義政策を進めていた。
次第に貧富の差が大きくなり、貧しい者はカトリックに替わる救済を求めていた。そこに登場したのがルターだった。

旧教(カトリック)と新教(プロテスタント)の対立は深まり、やがてヨーロッパは三十年戦争という泥沼にはまってゆくことになる。

イングランドでは、へンリー 8 世がローマ教会から独立し、エリザベス 1 世が国教会制度を確立させて、国王が教会のトップを兼ねる独自の制度が発展する。
ルターの主張の普及に役立ったのが、グーテンベルクの活版印刷であった。
規格を決めて容易に交換できる金属活字を作ったこと、焼アマニ油の印刷インキを使ったこと、ブドウ絞り器にヒントを得たプレス機械で印刷したことなどより大量印刷を可能とし、写本の 20 分の 1 の価格で販売することができたという。

カトリックの内部にも信仰を見直す機運が生じ、その流れから海外布教の動きが出てくる。イエズス会のザビエルが布教に訪れたとき、日本は戦国時代を迎えていた。キリスト教とともに持ちこまれた鉄砲は、天下統一の戦いに重要な役割を果たす。
1450 1475 1500 1525 1550 1575 1600 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1521 レオ10世 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1494 トルデシリャス条約 1469 1521 マヌエル1世 1469 1524 ヴァスコ・ダ・ガマ 1497 「最後の晩餐」の完成 1469 1527 マキャヴェッリ 1471 1528 デューラー 1519 1522 マゼランの世界周航 1480 1521 マゼラン 1483 1520 ラファエロ 1466 1536 エラスムス 1478 1535 トーマス・モア 1468 1549 パウルス3世 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ 1529 サラサゴ条約 1473 1543 コペルニクス 1475 1564 ミケランジェロ 1527 ローマ略奪 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1534 首長法 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1487 1541 北条氏綱 1496 1557 後奈良天皇 1507 1551 大内義隆 1507 1551 斎藤道三 1511 1550 足利義晴 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1519 1560 今川義元 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1543 鉄砲伝来 1517 マムルーク朝の滅亡 1494 1566 スレイマン1世 1464 1520 セリム1世 1487 1524 イスマーイール1世 1483 1530 バーブル 1526 ムガル帝国の建国 1480 モスクワ大公国の独立 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ 1472 1528 王守仁 1500 1559 王直 Tooltip
(この項おわり)
header