西暦1524年 - ドイツ農民戦争

農民は敗北し、ドイツの分裂は不可避に
ドイツ農民戦争
1524 年にドイツ中部・南部で農民が起こした大規模な反乱「農民戦争」は、1517 年のマルティン・ルターが張り出した『95 ヶ条の論題』を受けたものだった。

ローマ教皇と神聖ローマ皇帝に反発する諸侯が騎士戦争という反乱を起こし、教会や諸侯の抑圧に苦しんでいた農民も立ち上がり農民戦争を起こしたのであった。
テューリンゲン地方の中核都市ミュールハウザンでは、ルターの宗教改革運動に関わった聖職者のトーマス・ミュンツァーが農民戦争を指揮した。
ミュンツァーは、次第にルターの考え方から離れ、「地上における神の国」の実現を求めるようになった。反乱軍は 6 千人に膨れあがり、諸侯の城塞や教会を襲撃した。
ルターはミュンツァーを非難し、諸侯軍を支援し、1525 年 5 月に反乱軍を鎮圧した。ミュンツァーは捕らえられ、拷問のうえ処刑された。

結局、ドイツの民戦争は 10 万人あまりの農民が虐殺され終わった。農民は濃度として抑圧され、南ドイツではカトリックが主流になった。
勝利した諸侯は勢力を強め、各地で群雄割拠の状態となり、ドイツの分裂は避けようがなかった。
1450 1475 1500 1525 1550 1575 1600 1524 農民戦争 1489 1525 トマス・ミュンツァー 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1521 レオ10世 1527 ローマ略奪 1529 ウィーン包囲 1532 マキャベリ『君主論』出版 1469 1527 マキャベリ 1534 イエズス会の成立 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1468 1549 パウルス3世 1503 1566 ノストラダムス 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1534 首長法 1519 1522 マゼランの世界周航 1480 1521 マゼラン 1529 サラサゴ条約 1543 『天球の回転について』出版 1473 1543 コペルニクス 1491 1547 ヘンリー8世 1494 1547 フランソワ1世 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1487 1541 北条氏綱 1496 1557 後奈良天皇 1507 1551 大内義隆 1507 1551 斎藤道三 1511 1550 足利義晴 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1519 1560 今川義元 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1543 鉄砲伝来 1517 マムルーク朝の滅亡 1520 1566 スレイマン1世の治政 1494 1566 スレイマン1世 1464 1520 セリム1世 1487 1524 イスマーイール1世 1526 ムガル帝国の建国 1483 1530 バーブル 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ 1472 1528 王守仁 1500 1559 王直 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ Tooltip
(この項おわり)
header