西暦1526年 - 石見銀山の開発はじまる

石見銀山
1526 年(大永 6 年)、博多の豪商・神谷寿貞 (かみや じゅてい) は、周防の戦国大名・大内義興 (おおうち よしおき) の協力を得て、石見銀山の開発をはじめる。
1533 年(天文 2 年)、神谷寿貞は灰吹法 (はいふきほう) を輸入し、銀を効率的に精錬できるようになる。
1562 年(永禄5 年)、銀山は毛利氏の手に渡り、豊臣秀吉の朝鮮出兵の軍資金にもなった。
関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は、石見銀山を幕府直轄領である天領とし、1601 年に銀山奉行として大久保長安を任命した。

石見銀山の開発開始は、ちょうど日本の商業発展の時代に重なっていた。
西日本では基本通貨として銀が流通するようになり、明、ポルトガル、オランダなどとの交易に利用されるようになった。
当時、日本の銀産出量は年間約 200 トンで、世界全体の 3 分の 1 を占めていたといわれる。このうち、石見銀山は 30 トンを産出していた。

石見銀山の銀産出は 17 世紀初頭にピークとなる。江戸末期には深掘りしなければ銀は採れなくなり、地下水との戦いで採算がとれなくなっていった。
1866 年(慶応 2 年)の第二次長州戦争の際、幕府は石見銀山を放棄し、長州藩により支配されることになった。明治維新後は民間に払い下げられ、田中義太郎が経営権を取得した。
1886 年(明治 19 年)からは藤田組(現・DOWA ホールディングス)が、銅産出を続ける。日中戦争、太平洋戦争の軍需物資とすることを目論むが、1943 年(昭和 18 年)の水害で行動が水没し、ついに閉山することになった。
2007 年(平成 19 年)、ユネスコの世界遺産に登録された。
1425 1475 1525 1575 1625 1526 石見銀山の開発はじまる 1507 1551 大内義隆 1543 鉄砲伝来 1511 1550 足利義晴 1536 1565 足利義輝 1538 1568 足利義栄 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1560 桶狭間の戦い 1534 1582 織田信長 1519 1560 今川義元 1507 1551 斎藤道三 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1523 1579 上杉憲政 1553 1564 川中島の戦い 1521 1573 武田信玄 1530 1578 上杉謙信 1533 1573 朝倉義景 1522 1583 柴田勝家 1517 1593 正親町天皇 1487 1541 北条氏綱 1496 1557 後奈良天皇 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ 1526 ムガル帝国の建国 1483 1530 バーブル 1517 マムルーク朝の滅亡 1520 1566 スレイマン1世の治政 1494 1566 スレイマン1世 1464 1520 セリム1世 1487 1524 イスマーイール1世 1465 1554 ピリ・レイス 1513 ピリ・レイスの地図 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1564 ミケランジェロ 1519 1522 マゼランの世界周航 1534 イエズス会の成立 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1527 ローマ略奪 1534 首長法 1533 1603 エリザベス1世 1529 サラサゴ条約 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1503 1566 ノストラダムス 1514 1564 アンドレアス・ヴェサリウス 1519 1559 アンリ2世 1543 『天球の回転について』出版 1543 『ファブリカ』出版 1502 1585 グレゴリウス13世 1519 1574 コジモ1世 1545 1563 トリエント公会議 1524 農民戦争 1529 ウィーン包囲 1532 マキャベリ『君主論』出版 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ 1472 1528 王守仁 1500 1559 王直 Tooltip
(この項おわり)
header