西暦1527年 - ローマ略奪

教皇の優柔不断
ローマ略奪を描いた銅板画
1527 年(大永 7 年)5 月、神聖ローマ帝国軍がイタリアに侵攻し、教皇国のあるローマで殺戮、破壊、強奪、強姦などの非道を行った。
この頃、イタリアをめぐってヴァロア朝フランス王国と神聖ローマ帝国による衝突が繰り返されてきた。そして、教皇クレメンス 7 世がフランスと結んだことが、ローマ略奪のきっかけになる。
このとき、スイスの傭兵は最後まで教皇を守り殉死者147 人を出した。この事件を契機に、ローマ教皇領(現在のバチカン)の衛兵がスイス人に定められる契機になった。

この時代の世界

1450 1475 1500 1525 1550 1575 1600 1527 ローマ略奪 1468 1549 パウルス3世 1524 農民戦争 1489 1525 トマス・ミュンツァー 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1521 レオ10世 1529 ウィーン包囲 1532 マキャベリ『君主論』出版 1469 1527 マキャベリ 1534 イエズス会の成立 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1503 1566 ノストラダムス 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1534 首長法 1519 1522 マゼランの世界周航 1480 1521 マゼラン 1529 サラサゴ条約 1543 『天球の回転について』出版 1473 1543 コペルニクス 1491 1547 ヘンリー8世 1494 1547 フランソワ1世 1497 「最後の晩餐」の完成 1466 1536 エラスムス 1483 1520 ラファエロ 1492 1519 ロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチ 1478 1535 トーマス・モア 1493 1541 パラケルスス 1475 1564 ミケランジェロ 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1487 1541 北条氏綱 1496 1557 後奈良天皇 1507 1551 大内義隆 1507 1551 斎藤道三 1511 1550 足利義晴 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1519 1560 今川義元 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1543 鉄砲伝来 1472 1528 王守仁 1500 1559 王直 1526 ムガル帝国の建国 1483 1530 バーブル 1517 マムルーク朝の滅亡 1487 1524 イスマーイール1世 1494 1566 スレイマン1世 1464 1520 セリム1世 1465 1554 ピリ・レイス 1513 ピリ・レイスの地図 1529 ウィーン包囲 1520 1566 スレイマン1世の治政 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ Tooltip
(この項おわり)
header