西暦1533年 - インカ帝国が滅びる

スペイン人ピサロによる征服
マチュ・ピチュ遺跡
伝説のエルドラド(黄金郷)を求めて第二のコルテスを目指したスペイン人ピサロは、1531 年、180 名の兵士と 27頭の馬を率いてインカ帝国に入った。当時のインカ帝国は帝位をめぐる内乱が起きており、ピサロはこれを巧みに利用し、1533 年、インカ帝国を滅ぼす。
インカ帝国から接収した財宝はたちまち溶かされ、金貨の鋳造に使われ、スペインの財政再建に貢献した。

インカ帝国もアステカ帝国同様、ヨーロッパからもたらされた天然痘によって人口が激減し、アフリカから移住させられた黒人奴隷の数が増えていくことになる。
1450 1475 1500 1525 1550 1575 1600 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1527 ローマ略奪 1468 1549 パウルス3世 1519 1522 マゼランの世界周航 1543 『天球の回転について』出版 1473 1543 コペルニクス 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1564 ミケランジェロ 1545 イエズス会の成立 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1509 1547 アンリ8世 1529 サラサゴ条約 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1534 首長法 1503 1566 ノストラダムス 1514 1564 アンドレアス・ヴェサリウス 1545 1563 トリエント公会議 1526 ムガル帝国の建国 1483 1530 バーブル 1517 マムルーク朝の滅亡 1487 1524 イスマーイール1世 1494 1566 スレイマン1世 1543 鉄砲伝来 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1519 1560 今川義元 1511 1550 足利義晴 1507 1551 斎藤道三 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1500 1559 王直 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ Tooltip

マチュピチュ遺跡付近の地図

マチュピチュ(Machu Picchu)は、標高2 千メートル級の山の尾根にある空中都市である。1983 年(昭和 58 年)、世界遺産に登録された。
(この項おわり)
header