西暦1534年 - イエズス会の成立

ローマ教皇に絶対服従を誓う
イエズス会の紋章
ルターによる「95 ヶ条の論題」をはじめとする宗教改革運動の拡大に対し、1534 年、イグナチオ・デ・ロヨラとパリ大学の学友だった 6 名の同志(フランシスコ・ザビエル、アルフォンソ・サルメロン、ディエゴ・ライネス、ニコラス・ボバディリャ、シモン・ロドリゲス、ピエール・ファーヴル)がパリ郊外のサン・ドニ聖堂に集まり、生涯を神にささげるカトリックの誓いを立てた。
1537 年と翌38 年の二度にわたり一行はイタリアへ赴き、教皇から修道会の認可を得ようとした。そして 1540 年に修道会としての正式な認可が与えられた。

イエズス会は当初から世界各地での宣教活動を重視し、優秀な宣教師たちを積極的に派遣した。創立メンバーの一人であるフランシスコ・ザビエルは、1549 年、宣教のために日本に上陸している。

ヨーロッパが絶対王政期に入る 18 世紀になると、教皇に忠誠を誓うイエズス会の存在は目障りとなり、しばしば迫害を受けた。
1814 年、教皇によりイエズス会は復興され、その後めざましい発展を遂げた。
現在、会員数 2 万人、活動地域は六大陸に 112 カ国に及ぶ世界で 2番目に大きいカトリックの男子修道会となっている。
1450 1475 1500 1525 1550 1575 1600 1534 イエズス会の成立 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1527 ローマ略奪 1468 1549 パウルス3世 1519 1522 マゼランの世界周航 1543 『天球の回転について』出版 1473 1543 コペルニクス 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1564 ミケランジェロ 1509 1547 アンリ8世 1529 サラサゴ条約 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1534 首長法 1503 1566 ノストラダムス 1514 1564 アンドレアス・ヴェサリウス 1545 1563 トリエント公会議 1543 鉄砲伝来 1519 1560 今川義元 1511 1550 足利義晴 1507 1551 斎藤道三 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1526 ムガル帝国の建国 1483 1530 バーブル 1517 マムルーク朝の滅亡 1487 1524 イスマーイール1世 1494 1566 スレイマン1世 1500 1559 王直 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス Tooltip

参考サイト

(この項おわり)
header