西暦1543年 - 『天球の回転について』『ファブリカ』出版

コペルニクスの地動説/ヴェサリウスの解剖学

コペルニクス『天球の回転について』出版

ニコラス・コペルニクス
ポーランドの聖職者で天文学者であったコペルニクス(Nicolaus Copernicus)は「天球の回転について」を著し、死の直前である 1543 年に出版された。

1514 年に教会暦の改良について議論されたラトランの宗教会議があったが、1 年の長さと月の運動の知識が不十分であったため問題の解決ができなかった。そこで聖職者のコペルニクスは、地球が球形で太陽の周囲を公転していることを考え、日食・月食の理論付けを行った。
これは従来の天動説に対して太陽を中心とした地動説として、思想界に大革新をもたらした。

コペルニクスは天文学者である前に医者であった。
彼の肖像画は、当時薬草として珍重されていたスズランを持つ姿で描かれている。

ヴェサリウス『ファブリカ』出版

アンドレアス・ヴェサリウス
イタリアのパドヴァ大学の解剖学教授アンドレアス・ヴェサリウスが『ファブリカ』(人体の構造)を出版する。

ヴァサリウスは、職人に任せていた人体解剖を自らの手で行い、ガレノスの文献に多くの間違いがあることを指摘した。

出版後まもなく、ヴェサリウスは皇帝侍医として皇帝カール 5 世の宮廷に招待された。
メディチ家の公爵コジモ 1 世が、ピサの拡張大学に移るよう促したが、ヴェサリウスはそれを拒否した。
カール 5 世が退位した後も、その息子のフェリペ 2 世の厚恩でヴェサリウスは宮廷生活を続けた。
1425 1475 1525 1575 1625 1543 『天球の回転について』出版 1473 1543 コペルニクス 1543 『ファブリカ』出版 1514 1564 アンドレアス・ヴェサリウス 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1564 ミケランジェロ 1519 1522 マゼランの世界周航 1534 イエズス会の成立 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1527 ローマ略奪 1534 首長法 1509 1547 アンリ8世 1533 1603 エリザベス1世 1529 サラサゴ条約 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1503 1566 ノストラダムス 1519 1559 アンリ2世 1502 1585 グレゴリウス13世 1519 1574 コジモ1世 1545 1563 トリエント公会議 1543 鉄砲伝来 1511 1550 足利義晴 1536 1565 足利義輝 1538 1568 足利義栄 1549 ザビエル来日 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1560 桶狭間の戦い 1534 1582 織田信長 1519 1560 今川義元 1507 1551 斎藤道三 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1523 1579 上杉憲政 1553 1564 川中島の戦い 1521 1573 武田信玄 1530 1578 上杉謙信 1533 1573 朝倉義景 1522 1583 柴田勝家 1517 1593 正親町天皇 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ 1526 ムガル帝国の建国 1483 1530 バーブル 1517 マムルーク朝の滅亡 1494 1566 スレイマン1世 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ Tooltip

参考書籍

(この項おわり)
header